ポリスノーツ

ポリスノーツ

『ポリスノーツ』は1994年にPC-98用として、
コナミから発売されました。

その後、家庭用ゲーム機の各機種にも発売されていますね。

今更説明するまでもないかもしれませんが、
メタルギアシリーズで有名な小嶋さんの結果的には最後となったADVです。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV
ポリスノーツ

ジャンルはコマンド選択式のSF・ADV。
システムに目新しい点はありませんが、
非常に良く練り込まれていました。

ADVというのは一見簡単なようでいて、
本当にゲームとして面白く作るのにはかなりセンスを要します。
コマンド選択式の場合は、普通にやっていると誰でもクリアできるし、
下手な人が作ると読むより手間がかかる分、面倒に感じやすくなります。
その点、小島さんは本当にADV作りが上手い。
どうすればコマンド選択式が面白く作れるのかを熟知していると思います。
具体的にはコマンド選択時の反応の多彩さなどが優れているんですよね。

ADVが嫌いな人はどうか知りませんが、
ADVが好きでこの人の作品を全く楽しめないという人はいないでしょう。
グラフィックやサウンドも高水準ですし、
点数や評価がぶれないというか、
低得点がつきにくいタイプの作品だと思います。

さて、問題はそこからです。
本作はキャラが映画『リーサルウェポン』のキャラに似ているということが、
指摘されています。
『スナッチャー』の頃からそうなのですが、
映画の何かに露骨に似ていたりして、
それはそれで何も知らなければ単純に楽しめるのだろうけど、
キャラとかを一から必死に考えて心血を注いでいる人と比べた場合に、
単純に自分が楽しめたからOKと評価して良いのかと悩んでしまいます。
何かそれは違うだろ感が漂ってしまいますし、
プレイ中も終始もやもやした気持ちになってしまいました。

そういう部分もひっくるめて、私には本作を通じて新たに何がやりたかったのかが、
いまいち伝わってきませんでした。
『スナッチャー』から何がかわったというのか、何のために作ろうとしたのか。
『ポリスノーツ』が発売されたのは94年で、
88年に『スナッチャー』が発売されてからも5年以上が経っています。
その間に、ADVは劇的な進化を遂げていきました。
それに比べて、本作の進化はあまりに少なすぎました。
80年代半ばまでのADVを現在の技術で表現したといえば聞こえは良いですが、
旧態依然とした時代に遅れた作品に感じてしまったのです。

結局、無難に纏め上げて欠点もないけど(いや、キャラはマイナスか…)、
魅力的な長所も感じられませんでした。
本来ならそれでも良作扱いで構わないのですが、
スナッチャーをプレイした当時の感覚と比べれば確実に劣ることから、
その差別化の観点から佳作としておきたいと思います。

ランク:C(佳作)

ポリスノーツ

関連するタグ PC98 /ADV /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/787-76319257
| ホームへ戻る |