seduce 誘惑 -セデュース-

seduce 誘惑 -セデュース-

『seduce 誘惑 -セデュース-』は1999年にWIN用として、
アクトレスから発売されました。

この当時の金目鯛ぴんくさんの絵は最高でした。

ゲームジャンル:ノベル系ADV

seduce 誘惑

ストーリーは主人公が2人いて、一方は家族を守る感じで、
他方はそれを陵辱しようとする感じでしたっけか。

陵辱する側とされる側、陵辱と恋愛、
2つの異なる視点ということで他の陵辱系との差別化を狙ったのでしょうが、
残念ながらあまり面白くなかったように思います。
無難に纏まりすぎた上に、短かったですしね。
ストーリーという観点からは、完全に凡作レベルです。

ただ、このゲームを発売日に期待してまで購入した理由でもあるのですが、
とにかくキャラが抜群に可愛かったです。
今までいろんなキャラを見てきましたが、
初見でここまで惹かれたのは珍しかったですね。

本作はアクトレスの第2作目であり、
同時に金目鯛ぴんくさんの2作目でもあったのですが、
絵に関してはこの時がベストだったように思います。
完全に絵買いだった作品でしたが、
その点では満足できたわけで、十分元は取れたように思います。

そういうわけで私はそれなりに満足できたので佳作としておきますが、
絵に強烈に魅力を感じて絵買いで特攻できる人以外には、
あまりすすめられないってタイプのゲームと言えるでしょう。

この頃の絵のレベルで面白い作品をプレイできなかったことは、
いまでに心残りでもあり残念な気になりますね。

ランク:C(佳作)

seduce 誘惑

関連するタグ WIN /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1999」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/781-1d644cd1
| ホームへ戻る |