Missing Blue(ミッシングブルー)

Missing Blue(ミッシングブルー)

『MissingBlue(ミッシングブルー)』は2001年にPS2用として、
トンキンハウスから発売されました。

ゲームジャンル:ノベル系ADV

Missing Blue(通常版)

内容的には学園恋愛物になります。
直接的には『Lの季節』の続編ではないですが、
多くの面で流れを受け継いだ作品と言えるでしょう。

正直、この作品の評価は分かれると思います。
PS2初期のADVということで、
当時のADVとしてはグラフィックは綺麗な方でしょう。
そして何より、ボリュームが半端じゃなかったです。
フルコンプに100時間以上かかっちゃうかもしれないですしね。
ノベルゲームのボリュームとしては、
当時では段違いだったのではないでしょうか。
いや、今でも最高クラスでしょうし、
ボリュームを増やせというノベルゲームの象徴的作品でした。
なので、ストーリーが気に入った人ならば、
それこそ最高のノベルゲームに出会った気持ちになれるでしょう。

ただ、例えば『Lの季節』なんかでは、
ノベルゲームをやりこんだ人の多くの意見としては、
平均よりは上だろうけどそれ程でもないって感じだったと思います。
私もストーリーだけなら平均より少し上くらいかなって感じでした。

それを踏まえて本作に入るわけですが、
私には前作を薄味で冗長にした作品のように感じたのです。
『Lの季節』と傾向は似てるはずなのに、
本作は『Lの季節』程には楽しめませんでした。
濃い物なら多少薄めても構いませんが、
平均やや上の物をおもいっきり薄められると、
どうしても物足りなくなってしまいます。
凄く楽しい時間が長く続くのならば格段に評価も上がりますが、
0を何倍しても0なように、
プラス評価できない時間がどれだけ続いても、
あまりありがたくないわけです。
暇な学生時代ならまだしも、
忙しくなるにつれ短くても濃密な時間を過ごしたくなりますしね。
なので、グラフィックやストーリー等、
他の要素の場合は1点でも突き抜けていれば名作たりうるのですが、
ボリュームだけ突き抜けていてもあまり評価できないのです。

そんなわけですので、私的には佳作止まりかなって感じです。
内容的には楽しめなかったのですが、
あのボリュームで破綻なくチャートまで整えたのは、
やっぱり素直に頑張ったなと思いますから。

ただ、テキストの感じ方は人それぞれだったりします。
このストーリーが格段に優れていると感じる人は少ないと思いますが、
それなりに楽しいと感じられる人は多いかと思います。
その人にとってはこのボリュームは大きな味方になりますからね、
挑戦してみる価値は大いにあるのではないでしょうか。

繰り返しになりますが、昔のノベルゲーには本を読めば十分、
本に比べてコストパフォーマンスが悪いという批判がありました。
その批判に対し絵や音の付加価値で対抗する流れがある中で、
もっと純粋に費やせる時間の面で対抗する流れもあったわけです。
そうしたボリューム増大の結果、
プラスだけでなくマイナスの面も出てきたわけで、
それを痛感した作品でしたね。

ランク:C-(佳作)

Missing Blue(通常版) MissingBlueパーフェクトリファレンス (The PlayStation2 BOOKS)

関連するタグ PS2 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2001」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/78-ee08a370
| ホームへ戻る |