ルームメイト ~ 井上涼子 ~

ルームメイト ~ 井上涼子 ~

『ルームメイト ~ 井上涼子 ~』は1997年にSS用として、
データムポリスターから発売されました。

ゲームジャンル:コミュニケーション

ルームメイト ~ 井上涼子 ~

サターンというのは、考えてみれば無駄にいろいろ搭載していた、
愛すべき馬鹿みたいな機種でして。
同じ32ビットのゲーム機でも、PSがCPUが1個なのにSSは2個積んでいて、
nitendo64が出たときに32ビットが2個で64ビット級とか言われたりと、
間抜けな逸話もありました。
まぁ、何だかんだで好かれていた機種なのでしょう。
そのSSのいろいろ組み込まれた機能の1つに、内蔵時計がありました。
だから、こういうゲームも生まれてきたのでしょうね。

さて、本作は女子高生との擬似同棲生活を、
しかもそれをリアルタイムで楽しもうって趣旨のゲームです。
内臓時計がありますので、
ヒロインである涼子ちゃんも実際の時間に従って行動します。

ゲーム機のゲームとしては異色なのでしょうが、
こういう仕様ですからね。
ずっとSSを起動できるような暇人でないと、
作品を遊びつくすことは難しくなっています。
しかもサターンはよくデータが吹っ飛ぶものだから、
ちっとも先に進みませんし。

まぁ多少問題があっても、個性があれば私は評価するタイプですが、
こういった試みはWIN用の環境ソフトを中心に、
既にありましたからね。
私には斬新なゲームが出たっていう感想は全くなく、
内蔵時計があるからやっぱり出たかって印象でした。

単独のゲームとして、しかも後発の作品ですので、
ゲームの完成度はこれでも上昇はしていると思います。
ヒロインも可愛かったですしね。

でも、ゲーム機を1日中とか毎日決まった時間に起動できる人って、
限られていると思うのですよ。
また、本作は何時間もやりこむゲームではなく、
毎日数分ずつ継続して楽しむ類の物です。
そのためにわざわざゲーム機を準備するのも億劫ですし、
ゲーム機という手段が相応しいとは思わないわけでして。
やっぱりこういうのはPCに常駐させておくべきか、
携帯系の端末で出すべきなんだなとあらためて思いましたね。

そういう意味では、一体何を考えて作ったのかとも思いましたが、
ゲーム機を通じてこういうのもあるって示した点は、
それなりに意義があったのかもしれませんね。
いや、PCで既にあるのにゲーム機では初って作品で、
その後絶賛されているゲームも多いですからね。
まだPCを持っていない人も多かったですし、
人は自分の知っている範囲内でしか語れませんから。
そういう意味では、私の思う以上に存在感はあったかもしれませんね。

ランク:C-(佳作)

ルームメイト ~ 井上涼子 ~

ルームメイト 井上涼子 コンプリートボックス

関連するタグ セガサターン /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1997」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/778-bef58de9
| ホームへ戻る |