ぱのらま島

ぱのらま島

『ぱのらま島』は1983年にPC-88用として、
日本ファルコムから発売されました。

ジャンルはRPG。
昼夜や時間の概念があるリアルタイム進行のゲームでした。

panoramatou01.jpg

<概要>


ファルコム自身もロールプレイングゲームと表記しているように、
本作は記念すべきファルコム初のRPGとなります。
もちろん、制作は木屋さんですね。

<感想>


さて、上記のように一応はRPGとされているわけですが、
画面を見てもわかりますように、かなり変則的です。
因みに、戦闘は右下の枠内です。
PANORAMATOU02.png

何がRPGかは定義次第な面もあり、
このゲームをジャンルで分けるならRPGでしかないのですが、
普通の人が普通に想像するいわゆる典型的なRPGとはちょっと異なりますね。
だから翌年のブラックオニキスを国産初言う人が出てくるんでしょう。
厳密に言えば、ブラックオニキスよりも先にRPGは幾つかあった。
でも、いわゆる今日的なRPGの雛形というか、
そういう系統の国産初がブラックオニキスってことなんでしょうね。

まぁ、ジャンルわけの問題はともかくとして、
この時期のPCゲームの非アクション系はADVばかりでした。
それを考慮すればADVでないというだけでも珍しいですし、
これだけ遊べるのもそうはなかったです。
ですので、トータルでは名作と言って問題ないでしょう。
パッケージとかも異常に豪華で、
持ってるだけで満足できますしね。

ただ根強い支持がある一方で、
一部で酷評されたように問題もいろいろあったわけでして。
基本的にロードはかなり遅いですし、
イベントは右下にちょこっと映る感じなのでショボイですし。
叩く人がいてもある程度は納得できる面もありましたね。
私は一応名作と考えますが、
欠点も多いことからギリギリって感じですね。

まぁ、このゲームの反省から、
名作ドラゴンスレイヤーシリーズに繋がるわけですしね。
歴史の第一歩という意味でも、
重要なゲームだったと言えるかもしれませんね。

ランク:A-(名作)

関連するタグ PC88 /RPG /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1983」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| ホームへ戻る |