エム エンチャント・アーム

エム エンチャント・アーム

『エム エンチャント・アーム』は2006年にXBOX360用として、
フロムソフトウェアから発売されました。

XBOX360初の本格的RPGでした。

ゲームジャンル:RPG

エム エンチャント・アーム

ジャンルはRPG。
戦闘はタクティカルコンバットシステムなのですが、
S・RPGみたいな戦闘と言った方が伝わりやすいんですかね。
これと、ゴーレムというFFでいう召喚獣みたいなのが特徴なのですが、
出来自体は普通だったのかなと。

キャラはパーティにオカマがいたり個性的で良かったのですが、
ストーリー自体も普通って感じでしたかね。

特に叩かれるようなところもないけれど、
逆にストーリーや戦闘面だけでは目立つところもなく、
これだけなら典型的な良作って感じなんですよね。

しかし、本作はXBOX360初の本格的なRPGで、
新ハードだけにグラフィックはとても綺麗でした。
同じストーリーやシステムでも、
見栄えが良いとそれだけで面白さが増してきますからね。
やってて楽しかったです。

まぁ、新ハードなので、
旧世代のハードのゲームより画面が綺麗なのは当然なのかもしれません。
でも、綺麗なことも間違いないわけです。
それと、大抵新ハードの初期のRPGは、
画像面が大幅アップするかわりに、
ゲーム性が大幅に減少する傾向が非常に強かったです。
PSの『ビヨンドザビヨンド』なんか、いまだにトラウマですしw
まぁ、まだ作る方もハードに慣れていないので、
仕方ないといえば仕方ないのかもしれません。
でも、ゲーム性が弱いことは間違いないわけです。
そういう傾向がある中で、
本作は「普通」に面白かったんですよね。
時期的なものを考えると、これは逆に脅威です。
よくこの時点でここまでのものを作れたものです。

総合的には基本ラインが佳作~良作なのですが、
グラフィックが優れていましたので名作と考えて良いでしょう。
新ハードで普通に楽しめるRPGをプレイできる幸せってのは、
リアルタイムでしか得られません。
なので今やってどれだけ良さが伝わるかは分からないですが、
本当によく作ったと思いますね。

ランク:A-(名作)

エム エンチャント・アーム

関連するタグ xbox360 /RPG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2006」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |