CARNIVAL

CARNIVAL

『CARNIVAL』は2004年にWIN用として、
S.M.Lから発売されました。

ゲームジャンル:ノベル系ADV
属性:狂気

CARNIVAL

このゲーム、瀬戸口廉也さんのデビュー作なんですね。
その点がすっかりと抜け落ちていました。
いや、デビュー作だから知らないだろって話もありますがそうではなく、
私は桑島由一さんの作品と認識していたからなんですね。
狂気を扱った面白い作品があるとの噂は聞いていたわけですが、
発売当時はラノベ作家の桑島由一さんが手がけた作品として、
そっちの方で話題を呼んでいたように記憶しています。
まぁ、実際には桑島さんが原作で、
書いたのが瀬戸口さんということなんでしょうけどね。
そういうわけで、この作品と瀬戸口さんがつながっていなかったのですよ。

ノベルゲームが増えるにつれ、
アダルトゲームのラノベ化も進行していきました。
アダルトゲーム≒ラノベの構図が今日では出来上がっていますが、
こうもラノベ化が進んでいくと、
そのうちラノベ作家がアダルトゲームを手がけることもあるだろうと、
そんな日が来ることも予想はしていました。
それが現実になったということで、
ある意味とても象徴的な感じではありましたね。

まぁ、ラノベ作家原作の作品だろうと面白ければ構わないのですが…
これは原作者とライターとどっちに責任があるんでしょうね。
狂気を扱っていて一般的な流れは踏んでいるものの、
どうにも予想の範疇で全てが終わってしまうんですよね。
そんな狂気物にどれだけ意味があるのかなと。
もう一つ主張が加わって初めて意味をなすのに、
肝心な部分がないんですよね。
私は読んでないので分かりませんが、
本作には後日談を扱った小説があるようです。
どうやらそれと合わせて一つの作品みたいですね。
もしかしたら、私が求めていたものもそこにあるのかもしれません。
いや、その可能性は高そうな気がします。
たぶん、読んだら満足度は高くなるのでしょうね。

でも、それはこのゲームとは一緒の物ではありません。
あくまでこの作品の中で考えた場合、
本作は未完成な作品だと思うのですよ。
システム面での不備も含めて、
いろんな面でピースの欠けた作品でした。
OPは非常に良かったのですが、
他の部分は並かそれ以下でしかなく、
結局あまり楽しめなかったわけでして。
好きなジャンルだけに期待したかったのですが、
好きなジャンルゆえに物足りなく感じてしまった作品でした。
言葉は悪いかもしれませんが、所詮はラノベレベルの作品かと思うと、
素直に小説で読ませてもらった方が良かったように思います。
そういうわけで、総合的には凡作ってところでしょうか。
できれば、最初から完全な作品をプレイさせてもらいたかったものですね。

ランク:D(凡作)

CARNIVAL

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2004」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/773-30bf4044
| ホームへ戻る |