チョコボスタリオン

チョコボスタリオン

『チョコボスタリオン』は1999年にPS用として、
スクウェアから発売されました。

ダビスタの薗部さんが制作を手がけた作品で、
競馬での馬をチョコボに置き換えた作品でした。

チョコボスタリオン

競走馬育成SLGとして、確固たる地位を築き上げたダビスタ。
もっともその評価に関しては、
どうしても1つ気になることがあったわけでして。
つまりこのゲームはゲームとして面白いのだろうか、
それとも競馬への思い入れから、
キャラゲーのキャラに入れ込むのと同じような感じで補正して見ているのか、
その判断がつかなかったわけですね。

そこに現れたのが、このチョコボスタリオン。
一見するとチョコボの人気に頼ったキャラゲーっぽいのですが、
実は逆なんじゃないかと思ったのです。
実際の競馬の持つ権威、競走馬というキャラへ頼ることなしに、
このシステムだけで一体どこまで楽しめるのか。
真価はここで問われるのではないかと、そう思ったんですね。
だからかなり期待したゲームでもあったんです。

で、実際にプレイしたわけですが、
まず見た目の迫力は大幅に失われてしまいました。
競走馬の迫力あるレースシーンと比べると、
チョコボが短い足でドタドタ走る姿は何とも滑稽で、
レースとして鑑賞を楽しめるものではありませんでした。
いや、デフォルメされたチョコボ自体は大好きなんですけどね。
園児のかけっこみたいなほのぼのとした感じはありますし、
これはこれで好きな人もいるでしょう。
あくまで、レースとは非常に相性が悪かったということです。

ゲーム部分についてもある程度は予想はできたことではあるのですが、
予想以上にダビスタのまんまでした。
ダビスタでいう凱旋門賞みたいな絶対的な目標もないですし、
どうにもプレイ意欲を沸き立てるものがなかったように思います。

まぁ、普通には楽しめたし元は取れたので佳作としておきますが、
競馬という要素がなければこんなものなのかなと、
ちょっと残念に思った作品でしたね。

ランク:C(佳作)

チョコボスタリオン
チョコボスタリオン AMAZONで詳細を見る

PSソフト チョコボスタリオン

関連するタグ PS /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1999」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/771-4ae10c7a
| ホームへ戻る |