花暦

花暦

『花暦』は2000年にWIN用として、
Cyc(サイク)から発売されました。

ゲームジャンル:育成SLG

花暦

<概要>


荒れた花園に新たな種を植え、栄えさせていく育成シミュレーション。
花園には3人の花の精がいて、
彼女達と仲良くなり花を育てていくことで力を溜め、
外の世界でのイベントも発生する。
3人以外にも甘えん坊の妹や花屋の女主人、
同級生の女の子なども登場。
外の世界を見て人間に興味を持つ花の精、
そして花の精に人間にはないものを見出していく主人公。
二人の間にはどのような結末が…。

<感想>


最初はお花の妖精を育てるゲームと聞いたので、
ん?アーヴォリオの『サティア』と同じじゃん?って思いましたが、
いざやってみると全然違いますね。

『サティア』は1つの花と妖精がセットになっていて、
それを育てるわけです。
なのでゲームとしては、育成SLGというジャンルになります。

一方の本作は花壇を作って種を植えてって感じで、
つまりはガーデニングをするゲームになります。
なのでゲームとしては、
ミニスケープとか箱庭SLGというジャンルになります。

ガーデニングは自分で普通にできるということもあり、
個人的にはゲームの題材としてはあまり惹かれない分野です。
そのため元祖的なものはよく分からないのですが、
少なくとも前年にPSで『マイガーデン』がありました。
あれを簡略化して、アダルトゲームにしたって感じでしょうか。

ゲームとしては特にストレスもなく、それなりに遊べるとは思います。
ガーデニングということで見た目も楽しめますし、
特に2000年はノベル系ばっかでしたので、
遊べるアダルトゲームが貴重という意味でも大きかったでしょう。
なので、比較的万人向けで買って損はしないタイプのゲームだと思います。

ただ、問題はそれ以上でもないってことですね。
ゲーム部分はアダルトゲームにしてはそこそこかもしれませんが、
一般のミニスケープよりはかなり簡略化されています。
一見ややこしそうですが、意外と底が浅いのであまりやり込めないですし。
同じガーデニング物にしても、
それこそ『マイガーデン』とかの方がずっと楽しめます。
後発でこの完成度では、やはり物足りないと言わざるを得ないでしょう。

もちろん、本作は純粋なSLGではなく、
そこにアダルトゲームとしての要素やストーリー要素も加味されます。
なので、その加味された部分次第では高評価にもなりうるでしょう。
しかし残念ながら、この部分が弱かったわけでして。
花の妖精がどうのってゲームは既にあるわけでインパクトもなく、
それ抜きにしても単純にストーリーパートは平凡って感じでした。

<総合>


結局どの要素も中途半端なわけで、
特にプラス要素も見当たらないだけに点の伸びにくい作品でした。
まぁ、前述のようにノベルばっかな年にあって、
貴重な遊べるアダルトゲームではありましたからね。
一応は満足できたってことで、総合では佳作ってところでしょうか。
もっとも「アダルトゲーム」で、
かつ「ガーデニング」の「ミニスケープ」となると、
おそらく本作くらいのように思います。
そういう意味では珍しい作品でしょうし、
上記の要件をピンポイントで望む人には、
今でもオススメと言えるゲームかと思いますね。

ランク:C-(佳作)

花暦

関連するタグ WIN /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「2000」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/77-ad6ee380
| ホームへ戻る |