デウリング

デウリング

『デウリング』は1987年にPC88用として、
ビクター音楽産業から発売されました。

コマンド選択式と入力式の融合、当時模索された1つの方向性でした。
まぁでも、一番印象深いのは豚でしたがw

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV
deuring01.jpg

ゲームジャンルはコマンド選択式が基本なのですが、
要所要所でコマンド入力をさせられますので、
適度なゲーム性も感じられます。

選択式の快適さと、入力式のゲーム性。
ゲームシステムは何も1つにこだわる必要はないのであって、
両者の良いところを取ろうとした本作は、
その辺が実に絶妙な作品でもありました。

まぁこれは時期的なものも関係するのでしょうけどね。
こういう快適性とゲーム性の融合を図った例として、
よく本作の名前が挙げられやすいです。
でもそれは代表例というだけであって、
他所も同じ路線を目指したところもありましたからね。
だからこの頃は幾つか見受けることもできるのですが、
むしろ以後は減っていくわけでして。
周知のようにファミコンのコントローラーは入力に向かず、
入力式の要素を取り入れたゲームはかなり少ないです。
またPCのゲームにしても、次第にゲーム性よりストーリー重視に流れますので、
結果的に選択+入力という方式が一番華やかだったのが、
この頃だったのかもしれません。

ストーリーはホラー物になります。
恩師の娘を助けるために、
恩師を殺したドラキュラの住み着いた館に潜入するというのが、
おおまかなあらすじになるでしょうか。

ここまでシステム論を中心に書いてしまいましたが、
おそらくほとんどの人は、
まずそのグラフィックと雰囲気に惹かれるのでしょう。
グラフィックといい、ストーリーといい、
何か独特の雰囲気を持った作品でしたね。
毒々しい色使いが異彩を放っていて、
それが上手く魅力につながっていったのでしょう。
豚のコックさんだったかが、妙に印象深かったです。
deuring02.jpg

名作というにはもう一押し足りないかなと思って良作としましたが、
システムに一工夫も見られますし、
雰囲気も一風変わっていましたしね。
名作と感じる人がいても何ら不思議でない良質な作品でした。

ランク:B(良作)

中古PC-9801 5インチソフトデウリング 魔王の館

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド選択式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1987」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/764-ac29a769
| ホームへ戻る |