REVIVE ~蘇生~

REVIVE ~蘇生~

『REVIVE ~蘇生~』は1999年にドリームキャスト用として、
データイーストから発売されました。

実質的にはセガサターンから発売された『慟哭』の後継的作品ですね。

REVIVE 蘇生 CD版 初回限定版

<概要>


ゲームジャンルは『慟哭』と同じで、
ポイント&クリック(P&C)式のADVになります。
簡単に言えば画面をクリックしていくタイプのADVですね。
物語の内容的な分類では、脱出ものになります。

<感想>


こういう類のゲームはそれなりに需要があると思うのですが、
あまりゲーム機では本数がないんですよね。
だからたまに出ると、どうしても気になってしまうわけです。

さて、まずゲーム部分についてですが、
本作に関してはよく難しいという声が聞こえてきます。
確かに前作よりは難しくなっていると思いますし、
家庭用ゲーム機のADVの中では屈指の難しさだと思います。
だからもし、ゲーム機のADVで、
とにかく難しいのを求めているのであるならば、
これなんかは候補に必ず挙がってくるのではないでしょうか。

ただ、PCで海外系のADVをプレイしてきた人ならば、
そんなにはてこずらないのではないかと。
海外系でもときどき理不尽に難しい物もありますが、
本作はそんなに理不尽なのはなかったと思いますし。
まぁ、本作も一部で方程式を解かされたりするので、
小学生とかには無理かもしれませんけどね。

難易度自体は結構難しい方という感じでしょうが、
問題は難易度の高さとADVとしての面白さは別ということです。
P&C系の面白さの基準は以前に書いたので割愛しますが、
似た系統の作品で見た場合、
『遺作』は『慟哭』より簡単でしたが、
非常に良く作りこまれて面白かったです。
つまり、クリックした場合の反応の多彩さとかが優れていたわけですね。
本作も『遺作』良い点を真似れば良かったのですが、
難易度だけを追求するという、
よくあるパターンの悪い方向に進んでしまいました。
難易度を高くしておけば、
ゲーム性が低いと言われにくいと思ったのかもしれません。
しかし、それは大きな誤りです。
本作は確かに難易度は上昇しましたし、
前作たる『慟哭』よりも難しかったです。
でも、総合的な面ではゲーム性は上昇したとは言えないでしょうね。

ところで、これまで何度も言ってきましたように、
私はADVの中でもP&C式が1番好きです。
もっとも、だからと言ってADV全てがP&C式であるべきとは思いません。
例えば一般物の恋愛ADVなんかでは、
P&C式にするメリットはあまりないですからね。
ゲームが面白く感じられるかは、
物語の内容とシステムが上手くマッチしているかも、
非常に大切なんだと思います。

その点、脱出物はP&C式と相性が良いと思います。
脱出するためにあちこち調べる、いろいろ試してみるってのは、
とても自然な行為と言えますからね。
これをノベルなんかでやられると、
魅力が十分には伝わって来ないでしょう。

本作はストーリー自体は大したことないのかもしれませんが、
物語とシステムの一体感によって、
臨場感と面白さを感じ取ることが出来たものです。

ただ、本作の場合どうしても『慟哭』と比べたくなってしまうのですが、
脱出物としての緊張感なんかは『慟哭』の方が上でした。
そう考えるとストーリーに関しては、
若干後退してしまったかもしれませんね。

グラフィックは『慟哭』の頃の横田守さんから、
うめつゆきのりさんに変更されました。
横田さんのファンとしてはちょっと残念ではありましたが、
こちらも非常に高水準で遜色ない出来ですし、
プレイしだしたら気にならないでしょう。
特に思い入れのある人以外は問題ないかと思います。

<総合>


総じて、前作より難易度は上がったものの、
全体の印象は薄くなった感じでしょうか。
あえて本作をプレイする必要性を特に感じなかったので、
佳作でも良いかとも思います。
ただ、99年からWIN用一般ゲームでも考えさせるADVが激減しましたからね。
そういうADVに飢えていた者にとっては、
本作は貴重な存在でもあったわけでして。
そこら辺も加味して、
『慟哭』より1ランク下の良作と判断しておきたいと思います。

ランク:B(良作)

REVIVE 蘇生 CD版 初回限定版



関連するタグ ドリームキャスト /ADV /P&C式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1999」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/76-5dfb6d5f
| ホームへ戻る |