ヌーク2 ~レミーの逆襲~

ヌーク2 ~レミーの逆襲~

『Nooch(ヌーク)Ⅱ~レミーの逆襲~』は1993年にPC98用として、
ボンびいボンボン!から発売されました。

梅千代&ピリルコンビの活躍するヌークシリーズの第2弾。
ジャンルはコマンド選択式のADVで、
パラメーターがおまけ的に追加されたものの、
基本的には前作から大きな変更はないと言えるでしょう。

nooch202.jpg

<概要>


ゲームジャンルはコマンド選択式ADVになります。

前作のストーリーは、とある陰謀、
即ち世界中の女の子を淫乱にしてしまう薬をばら撒くことを、
事前に阻止するというものでした。

今回は淫乱になってしまった女の子の病気を解決するというもので、
梅千代とピリルが中心になって事件を解決しようとする大まかな雰囲気は、
大体前作と似たような感じですね。

尚、サブタイトルでレミーの逆襲とありますが、
レミーは敵である秘密結社ギルバートの親衛隊である4人組の1人で、
レズなお姉さまになります。
nooch201.jpg

<感想>


まぁ、前作は良作認定していますし、
梅千代&ピリルコンビは大好きなので普通には楽しめました。

天の声システムというツッコミ兼ナレーションも健在で、
三者間における掛け合いが楽しめましたし、
フォントや文字の色・大きさをキャラごとに変えた演出であったり、
パラメーターを通じてゲームの進行度を表示したりと、
一つ一つは些細なものかもしれませんが、
全体としては飽きさせないように随所に配慮がなされていた点は、
非常に好印象だと思います。

因みに、以前に書いた『ヌーク3』の記事では書き忘れていたのですが、
このシリーズのゲームデザイン及びライターは馬場.DOSさんで、
つまりは今のビジュアルアーツの社長さんですね。
今日のノベル全盛期の中心を担ってきたという点で、
社長さんとしてはとても優秀なんでしょう。
しかしボンびいのゲームデザイン面に関心を抱くことの多かった私としては、
そういう作品を作ってきたところがノベル一辺倒になってしまったことには、
若干の寂しさも感じてしまうわけでして。
まぁそんなことを思うのは少数かもしれませんけどね。
中には完成度の高くないものもありましたが、
個人的にはボンびいのゲームが好きだったんですよ。

少しずれてしまいましたが、今作も基本的には面白かったのです。
ただ、やっぱり前作のキャラを流用した無難な続編であり、
インパクトという意味ではどうしても劣ってしまったかもしれませんね。

その分完成度が増していれば良かったのですが、
ミニゲーム的なところなどゲームでやや面倒な点も増えたわけで、
総合的にはむしろ退化したと言えるかもしれません。

<総合>


総合では一応良作としておきますが、
これは私がシリーズのファンということもあって、
やや甘いかもしれませんね。

それと、前作は限りなく名作に近い良作であり、
表記上は一緒になっているものの、
実質的には1ランクダウンに近い感じになります。

シリーズは次の3で完結するわけですが、
本作は本作で楽しかったものの、
結果的にこの2がシリーズ内では一番物足らなかった作品でした。

ランク:B(良作)

PC-9801 3.5インチソフト ヌーク2

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/759-dded1c20
| ホームへ戻る |