ラブィーニ

ラブィーニ

『ラブィーニ』は1996年にPC98用として、
シーズウェアから発売されました。

当時勢いの強かったシーズウェアが作ったアニメーションADVということで、
期待していた人も多かったのではないでしょうか。

ravini01.jpg

<概要>


ゲームジャンルはコマンド選択式ADVになります。

容姿も頭脳も肉体もダメで、しかも陰気でオタクな主人公が、
美人教師から手ほどきを受け、それによって突然もてるようになり、
学校のいろんな女の子たちに手を出して・・・
ってな感じの作品でした。

<感想>


これは散々叩かれましたね~
褒めているのをほとんど見たことがありません。
ゲーム性はもちろんのこと、
あらすじを見ても何となく想像がつくように、
ストーリーも大したことがなかったですから。

もっとも、これは出来云々もさることながら、
出したブランドの影響も少なからずあったのでしょうね。
今だって凄い名作の後に凡庸なゲームを出すと、
必要以上に叩かれてしまうことが多々あります。
勝手に期待してそれと違うって叩くのは筋違いにも思いますが、
そういう人が結構いるのも現実なんですよね。

シーズウェアは『DESIRE』や『EVE』によって、
この頃はかなり注目度の高いブランドになっていたわけで、
そのブランドがアニメも加えたシナリオ重視のゲームを出すとなると、
当然期待した人も多かったでしょう。

だからこそ、その期待の反動で余計にも駄目に思ってしまうんですよね。
まぁ、今となっては、菅野さんの抜けたシーズウェアに対し、
過度に期待したのが悪いってなりますが、
当時はそこまで考えが及ばない人も多かったですからね。
実際、主要作品のサターンへの移植もあって、
98年ごろまではシーズウェアの勢いはかなりあったわけですし。
この時点で事前に読みきった人は稀だったのでしょう。

そういうわけで、若干過度に叩かれすぎな感もありますが、
それを差し引いても出来は良いとは言いきれなかったんですけどね。

ただ、全く駄目だったかというと、必ずしもそうでないわけでして。
本作はHシーンがアニメーションで動きます。
コマンド選択式のADVで1本道なのですが、
1人を攻略したら次のヒロインへって流れなので、
バランスよくHシーンも配置されています。

そして何より、女の子が可愛く、
その数も結構多めなのは好印象でした。
ravini02.jpg

まぁこれは単に私の好みなだけかもしれませんが、
少なくとも私は、可愛い女の子のが一杯いて、
そのHシーンのどれもが動くってことで、
それなりには楽しめたんですよね。
ソニアの質には及ばないけれど、質より量ってやつですね。

<総合>


決して無条件で絶賛できる類の作品ではないのですが、
元を取るくらいには楽しめましたし、
周りの酷評に比べると私は結構好きな作品でもあったんですよね。
可愛いキャラによる濃厚なHをバランス良く頻繁に配置し、
アダルトゲームとしての本分はしっかりと果たしているわけですから。
それ故、個人的には佳作と判断しておきます。

ランク:C(佳作)

PC-9801 3.5インチソフト ラブィーニ

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

姫屋のZENITHよりは大分マシだった気がする(量的に)
やはりアニメは容量使うんでメディアが追いついていなかったか
これもFD7枚くらいだったけか…
今考えるとたった数メガで…

アニメーションをうりにしたゲームは、ボリュームの少ない作品が多かったですよね。
まぁOVAの延長上と考えれば、仕方ない面もあるのでしょうけれど。
ましてやFDでなんて無理が大きいでしょうし。
だから私はゲームにはフルアニメーションは不要で、部分的で十分だと思います。
ラヴィーニはHシーンだけアニメを用いたことで、基本的なボリュームはそれなりにあったように思います。
このボリュームでアニメもあるわけですから、個人的には結構満足できた作品でした。
でも、今はもう閉鎖してしまったサイトがほとんどなのでしょうが、ネットを始めた当初見かけたサイトとかだと、本作は貶されている場合が多かったもので。
それで世間の評判は良くなかったのかなと、不思議に思ったものでした。

昨今の作品では普通かもしれないが、膣出ししてから(間をおいて)精子が逆流する描写を真面目に描いてくれてたのは、この作品と、天津堂のJINNだけだったと思う。
当時、その点が特に取り上げられることも無かったけど、個人的にはそのこだわりを今でも評価してますですよ

なるほど~、参考になりました。
私はHシーンの描写にこだわりがなかったので、当時はそういうことを意識していませんでしたし、その点を指摘する意見も目にしなかったので、今まで気づいていませんでした。
だから何となく好きな作品だったという書き方しかできなかったのだけれど、こだわりを持つ人にとっては、価値のある作品だったということなんですね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/758-a4403d5b
| ホームへ戻る |