アグレス

アグレス

『アグレス』は1986年にPC88用として、
リバーヒルソフトから発売されました。

『ZODIAC(ゾーディアック)』の続編でもあり、
完結編でもあります。
システムはコマンド入力式からコマンド選択式へと変更され、
リバーヒルのADVでは初めての本格的な選択式ADVになります。
(本格的なというのは、一応ショボイのが前にあることはあるため)

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV
agress01.jpg

ストーリーは前作でいなくなった父を探すため、
あちこち探索するというものになります。

この『アグレス』はストーリーよりもシステム面に注目がいきますね。
まずは選択式ADVになったというのが一番の変化なのですが、
他にも3Dの迷路があったり体調等のパラメーターがあるので、
若干RPGっぽくもありました。
agress02.jpg

まぁこういう数値の導入で総当りを回避しようとしたのが、
ある意味この当時のゲームっぽくもあるんですけどね。
ノベルゲームにしてもそうですが、
コマンド選択式にしても後発の作品ほど次第にゲーム性が失われていくのが、
1つの傾向として見てとれますね。
RPGやSLGの後発作品がどんどん複雑化していくのに対し、
ADVはどんどんシンプル化していくのですから不思議なものです。

ストーリーは良いけどゲーム面が平凡なリバーヒルソフトの作品にあって、
『アグレス』は珍しくいろいろとゲーム部分でも凝った作品でした。

そういう意味では穴の少ない作品でしたし、
十分に良作と呼べる完成度だったかと思います。
総合的な完成度で判断する人ならば、
本作を名作と言う人がいても何ら不思議ではないでしょうね。

ただ、私はその作品ならではの個性を重視していくタイプですので、
本作のような穴もないけど長所もないタイプの作品は点が伸びにくいのです。
つまり同じリバーヒルでも、強烈なストーリー性を持った、
『殺人倶楽部』の方に惹かれるんですよね。

まぁ、JBハロルドシリーズでシステムも凝っていれば、
それが一番な気もしますけどね。
そうは簡単にいかないんでしょうね。

そういうわけで、個人的には良作にとどめておきます。
今あえてやる必要はないような気もしますが、
最近はパラメーターが出てくるだけでADVじゃないって判断する人もいます。
でも、本作のようにパラメーターの出てくるADVは昔は結構あって、
こういう作品を知っていれば、
数値があるからSLGだと言い出すことはないんだろうになと思いますけどね。

ランク:B-(良作)

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1986」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/751-22044b42
| ホームへ戻る |