牝贄女教師 ~私は彼の前で跪く~

牝贄女教師 ~私は彼の前で跪く~

『牝贄女教師 ~私は彼の前で跪く~』は2007年にWIN用として、
アイルから発売されました。

『脅迫』の年増バージョンってところでしょうか。
ジャンル:ノベル系ADV

牝贄女教師

ジャンルはノベル系のADVで、内容的には陵辱物になります。
近年のノベルは選択肢によって誰かの個別ルートに進むものが多いですが、
『牝贄女教師 』は選択肢によって主人公の行動が変わり、
それに応じて物語が分岐していくタイプで、
つまりは古くからあるタイプのノベルゲームとなります。

主人公は女教師で、生徒に陵辱されるのがベースとなります。
アイルのゲームで陵辱物で女性の主人公でこのゲーム形式となると、
近いところでは『脅迫2』を想像する人が多いのではないでしょうか。
このゲームを端的に言うならば、
『脅迫2』のヒロインの年齢を上げたやつとなるのでしょう。

個別のシーンでは陵辱系として一通りそろっていますし、
特に不満は出てこないのではないかと思います。
ただ、人体改造まではいかないものの、わりと鬼畜要素が強めです。
エロいというより痛そうって感じなので、
肉体に対する鬼畜行為が苦手な人はちょっと注意が必要かもしれません。
私自身はそういうのは平気なのですが、
どちらかと言うと痛いよりエロい方が好きなので、
ちょっと好みとずれた感じですね。

それと、『牝贄女教師 』は主人公を調教する生徒の謎を暴くという、
ミステリー的な方向でストーリーが進行します。
このストーリーの本筋自体は大したことがないので、
あまり期待しない方が無難でしょう。
まぁ、ゲームの大半を占める陵辱部分が優れていますし、
テキスト自体は良好ですから、
プレイしてストレスを感じることはないでしょうけどね。

内容自体は良くも悪くもいつものアイルって感じですので、
これだけなら佳作ってところでしょう。
ただ、大人の女性が中心で、
主人公のむちっとした体がとても魅力的でしたので、
その分のポイントでギリギリ良作としておきます。
『脅迫2』路線のゲームが好きで、なおかつ大人の女性が好みであれば、
ズバッとツボにはまる可能性も大きいです。
基本的に手堅く守ったゲーム故に私の点は伸びにくいのですが、
属性の合う人には間違いなくオススメのゲームと言えると思いますね。

ランク:B-(良作)

ダウンロード版
牝贄女教師 ~私は彼の前で跪く~

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2007」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |