キャッスルファンタジア 聖魔大戦

キャッスルファンタジア 聖魔大戦

「キャッスルファンタジア 聖魔大戦」は1998年にWIN用として、
スタジオ・エゴから発売されました。

CFシリーズの2作目になります。

ゲームジャンル:SRPG

キャッスルファンタジア 聖魔大戦

とにもかくにもグラフィックでしょうか。
この作品が発売されたのは1998年。
この当時の山本和枝さんの描くキャラやCGは、
それだけで他社に対するアドバンテージになっていたかと思います。
私も絵が目的で買ったようなものでしたしね。

本作も質・量ともに満足できるレベルで、
絵だけでも十分に元が取れる良作と言えるでしょう。

ただ本作に関していえば、良い意味で裏切られる形となりました。
内容も良かったんですよ、コレ。
思いのほか壮大な戦記物になっていましたし、
キャラも一杯出てくるのに皆良かったですしね。

WINDOWSの時代になってから、
アダルトゲームのS・RPGって本当に数が減りました。
一般PCゲーのS・RPGはそれ以上に減りましたしね。
そんな中で、90年代後半のPCのS・RPGに何があるかって聞かれた場合、
まっさきに思い浮かべるのがこの作品なのです。

もっとも厳密には、ゲームシステムはS・RPG+ADVになります。
大雑把には、『サクラ大戦』に近いものを想像してもらえればと。
S・RPG部分単独では、ギリギリ及第点ってところでしょうか。
まぁ『サクラ大戦』なんかだとADVパートには力が入っているものの、
S・RPG部分はオマケ程度の出来でしたからね。
それを考えると、まだマシなレベルだったのでしょうけれど。

このゲームはADVパートもあるわけですが、
キャラの個別ルートによってストーリー展開が変わるなど、
構造的に良く出来ていたのではないでしょうか。
分岐のあるS・RPG自体がそんなに多くなかったですからね。
それを考えると分岐要素がありつつ大ボリュームも確保し、
かつ各パートがどれも水準以上ってのは案外貴重なのかもしれませんね。

ストーリーやキャラも良かったですし。
本当に穴の少ないゲームだったと思います。
イメージ的には、全ての要素が水準以上をキープし、
グラフィックで大きくポイントを稼いだって感じでしょうか。
フルコンプを目指せばかなりのボリュームにもなりますし、
大作と呼べるだけの作品だったように思います。

これが出た頃はスタジオ・エゴには期待できると思ったし、
またそう思う人が多かったからかエゴの作品は売上も良かったんですけどね。
作品の傾向的に後に語られるような類ではないので、
今だと知らない人も増えてきているでしょうが、
一時期はかなり勢いがありましたし。
でも、結局一番楽しめたのもこれだったのかな…
その後はあまり伸びなかったわけで、
その点が残念なブランドでもありましたね。

ランク:A-(名作)

キャッスルファンタジア 聖魔大戦



関連するタグ WIN /SLG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1998」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/75-da9e0c19
| ホームへ戻る |