ラストガーディアン ~獣郷の守護者~

ラストガーディアン ~獣郷の守護者~

『ラストガーディアン ~獣郷の守護者~』は1995年にPC98用として、
ANJINから発売されました。

95年の一般PCゲームは出来が良いわりにマイナーなものが多く、
本作もまたその中の1本になります。

ゲームジャンル:SRPG
lastg01.jpg

<感想>


本当は『ダイアット・ヴァークス』という同人ゲームがありまして、
それは1993年にスタジオ・インフェルノから発売されたんですね。
同人ということで、TAKERUで売っていました。
本作はその『ダイアット・ヴァークス』を、
製品版としてリメイクしたゲームになります。
なので、『ダイアット・ヴァークス』として紹介すべきかもしれませんが、
いろんな点を考慮した上で『ラストガーディアン』として紹介します。

ジャンルは、いわゆるシミュレーションRPG。
基本はノーマルな物を想像してもらって構わないのですが、
2点ほど特徴がありました。
1つは、行動力という概念があること。
これを消費することで行動していくわけですが、
次のターンで全回復するってことはありません。
そのため休めるときは休むというように、
全体を見渡した戦術が要求されました。

また、キャラには獣化という能力もあり、
獣に変身して戦うことができます。
獣化すればかなり強くなるのですが、いろいろ制約もあります。
終盤ではこの獣化が攻略の鍵を握る場面もあり、
ゲームに良いアクセントとなっていました。

バランスや難易度も申し分ないですし、
基本的にゲームだけ見てみても十分に良作と言えるでしょう。

ただ、このゲームをプレイした人の多くは、
どちらかと言うとストーリーの印象の方が強いのではないでしょうか。
今なら泣きゲーに分類されちゃいそうな哀しいストーリーですが、
よく出来ていたと思います。

それと、本作ではとにかくキャラがよくしゃべりました。
キャラ同士の掛け合いが特に楽しく、
もしかしたらこれがこのゲームの1番の特徴と言えるかもしれませんね。
私は本作を名作と考えていますが、
この要素がなければ良作止まりと判断したでしょうし。
lastg02.jpg

<総合>


そういうわけで、良質なSRPGにキャラの掛け合いの楽しさが加わり、
総合でも名作としておきたいと思います。
私はよく知らなかったのですが、
ここの製作陣の一部がイージーオーにいるのだとか。
だとしたら、またこういうゲームを出してもらいたいものですね。

ランク:A-(名作)

PC-9801 3.5インチソフト ラストガーディアン

関連するタグ PC98 /SLG /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/738-d93e58a8
| ホームへ戻る |