最終痴漢電車

最終痴漢電車

『最終痴漢電車』は2001年にWIN用として、
アトリエかぐやから発売されました。

初期のアトリエかぐやの代表作ですね。

ゲームジャンル:P&C式ADV

最終痴漢電車

実用性重視のブランドとしてのアトリエかぐやは、
今ではとても有名になっていますよね。
でも2002年頃からブレイクした感があるので、
まだこの当時はマイナーだったように思うわけでして。
でも一方で痴漢ゲー好きの間では、
一足先にこの作品で注目を浴びたように思います。

最終痴漢電車は端的に言うと、
電車内を舞台にしたおさわり系の痴漢ゲームになります。
こういうのは1つのジャンルとして確立しており、
インターハートのものをはじめとして他にもいろいろあります。
最終痴漢電車も当然その中の一本なのですが、
作品間にもそれぞれ特徴があるわけです。

最終痴漢電車の特徴、
まずはM&Mさんの可愛いキャラですね。
微妙な絵とか劇画系が多い痴漢ゲーにあって、
この可愛さは大きなアドバンテージでした。

次におさわりのシステムです。
これは流れくる音符みたいなのに合わせてクリックするわけで、
音ゲーとか連打ゲーに近い内容だったんですね。
これは賛否両論だったわけで、
音ゲーの類が苦手な人やまったり楽しみたい人には向いていませんでした。
正直なところ、ねちねちと静かに行う痴漢と、
このシステムがマッチしているとはあまり思えません。
でも、エンタメ的なゲームとしての痴漢として新たな道を示したわけで、
新しい風を作ったという意味ではありなのかなとも思いました。

それと、ストーリー面の問題ですね。
本作での痴漢は手段って感じでもありますし、
女性もすぐ反応してしまうので、
結局は準和姦っぽい感じでもありますからね。
これはこれで好きな人もいるでしょうが、
嫌なのに抵抗できないでいる女性に対して行う本来の痴漢とは、
ちょっと趣が異なるわけでして。
ここもどうしても好みが分かれるように思います。

つまり痴漢ゲー的にはちょっと毛色の異なる新路線ではあったのですが、
王道とは異なる変化球路線だったわけですね。
なのでおさわり系痴漢ゲームが好きであっても、
どうしても好みが分かれるゲームではあったのでしょう。
でも、明らかに今までとは異なる路線を打ち出し、
痴漢ゲー世界において新たな派閥を作り出せたという点では、
非常に意味があったのかもしれませんね。

個人的な好みとしてはあまり好きではないタイプだし、
粗も多い作品ではあったと思うのですが、
1つの流れを作ったジャンル内代表作の1つとして、
一応良作としておきます。

ランク:B-(良作)

最終痴漢電車
最終痴漢電車 AMAZONで詳細を見る


最終痴漢電車

関連するタグ WIN /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2001」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/737-edd03602
| ホームへ戻る |