Zap! The Magic

Zap! The Magic

『Zap! The Magic』は1996年にWIN用として、
TOPCATから発売されました。

一時期は凄いプレミアが付いていたものですが、
今はフリーで配布されているみたいです。

ゲームジャンル:カードゲーム
zapthemagic01.jpg

<感想>


ゲームといっても、お国によって得意とするものは異なってきます。
日本がTVゲームなら、ドイツはボードゲーム、
そしてアメリカはカードゲームと言ったように。

そのアメリカのカードゲームの代表例は、
何と言っても「マジックザギャザリング(MTG)」でしょう。
もっとも私は最近のカードゲーム事情には疎いので、
今はもっと人気なのが出ているかもしれませんが、
この当時はMTGがカードゲーム好きの間で急速に広まっていった時期で、
私が初めてMTGを購入したのも95年くらいだったと思います。

私はカードダス20とかも集めてゲームをやっていたタイプなので、
MTGにはとても惹かれました。
ただ、カードゲームの宿命ではありますが、
相手がいないと出来ないわけです。
MTGは急速に広まりだしてはいたと言っても、
周りで持っている人は皆無でしたからね。
ドイツ製のボードゲームだったら私が盤を用意すれば足りますが、
それができないのがカードのつらいところです。

なので、こういうののコンピューターゲームが、
ずっとやりたかったんですよね。
そしてPC版のMTGが出るという話は聞いていたので、
情報をずっと追っていました。
・・・が、これがずっと発売予定のままで、
中々発売までこぎつかなかったのです。
そんな時、ひょっこりと現れたのが本作でした。

内容的にはアダルトゲーム版MTGといったところなのですが、
こういうのは早いもの勝ちです。
2番煎じ3番煎じになっては、ほとんど意味がありません。
PC版のMTGがなく、類似の他のゲーム(カルドセプトは97年)もない。
はまれるのはこれしかなかったという状況に、とても価値があるのです。

もちろん、単に早かっただけではありません。
ゲームとして十分に遊べるし、
カードに描かれた絵はどれも綺麗で、収集したいって気にさせられました。
とても中毒性の高い作品でしたね。
まぁ基本的にこの淡い感じの絵が好みというのもありますけどね。
zapthemagic02.jpg

<総合>


最近は至るところでカードゲームを見かけます。
なので、今となっては面白みが伝わりにくい作品でしょう。
でも、当時はこれしかなかったのだし、
そういう意味ではとても独自性の強い作品だったと言えるでしょうね。

ランク:A(名作)

関連するタグ WIN /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/735-f700ed88
| ホームへ戻る |