シャドウハーツ2

シャドウハーツ2

「シャドウハーツ2」は2004年にPS2用として、
アルゼから発売されました。

ゲームジャンル:RPG

シャドウハーツ2

シャドウハーツの続編で、前作をやっていた方が楽しめるのですが、
キャラ情報を調べてあれば未プレイでも一応は大丈夫かもしれませんね。
まぁ前作から始めるのが一番には違いないですけど。

シリーズにおける戦闘面での最大の特徴はジャッジメントリングで、
簡単に言えば目押しのシステムでした。
パチスロメーカーゆえにこのシステムなのかと、
前作のときはよく冗談で言われてましたよね。

このシステムは今回も健在で、
私はこういうアクション的要素を用いるのは好きではないのですが、
一般的には普通のコマンド選択式よりウケが良いのでしょう。

このシリーズの販売元はアルゼになっていますが、
製作したところは現在はノーチラスという名前で、
元々はスクウェアから抜けたメンバーからなるサクノスという所でした。
この製作陣の最初の作品が『クーデルカ』だったわけですが、
当時から本作にいたるまで一貫してグラフィックにこだわっています。
何だかんだ言われつつもムービーゲーが好きな人は結構いると思いますし、
私もその1人です。
なので『クーデルカ』の頃からプレイしているわけですが、
およそムービーに関しては、
FFに次ぐくらいの位置にあったのではないでしょうか。
今回も非常にレベルが高く、十分に楽しめましたからね。

ただ、諸手を挙げて絶賛というわけにもいかないわけでして。
『クーデルカ』は演出面は絶品だったのですが、
ゲーム部分に粗が一杯ありました。
その後作品が出るごとに欠点はなくなり、
本作は多くの人がストレスなくプレイできるようになっています。

しかしその反面、圧倒的な長所だった演出面は、
それ程目立った存在でもなくなったように思います。
もちろん、確実に進化はしているのですが、
周りとの差がなくなったってことですね。

欠点がなくなった代わりに、長所も少し減った。
良くも悪くも尖っていたものが、
丸くなっていったという印象をうけました。

そういう欠点のない丸い作品の方が、一般にはうけるのでしょう。
実際、マイナーで終わった『クーデルカ』に比べ、
本作は世間では高い評価を得ています。
私も誰かに薦めるのなら、こういうゲームを勧めます。

しかし、今でも記憶に残っているのは、
インパクトの強かった『クーデルカ』の方なんですよね。
本作は丁寧に纏められており、
RPG初心者にでも安心してオススメできる良作なのは間違いないでしょう。
でも、それ以上にもう1つ自分の中に訴えかけるものがなかったので、
個人的には名作に1歩及ばずってところなんですよね。

まぁ、私個人の感想はさておき、世間では評判が良かっただけにね、
次の作品に期待する人も多かったと思います。
なのに中々同じブランドでゲームを作り続けることができない辺りに、
何かもどかしさを感じてしまいますね。

ランク:B(良作)

シャドウハーツ2

関連するタグ PS2 /RPG /


捻くれモノの学園青春物語   イブニクル2    きゃんきゃんバニープルミエール3
カテゴリ「2004」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/731-4d277386
| ホームへ戻る |