elan(エラン)

elan(エラン)

『elan(エラン)』は1999年にPS用として、
ビスコから発売されました。

ジャンルはメーカーによればコミュニケート・シミュレーションとのこと。
大雑把な感じで言えば、『ガンパレードマーチ』みたいなゲームですね。
GPMは2000年でこっちは1999年なので、エランの方が先ではありますけれど。

ゲームジャンル:SLG
elan

コミュケートとあるように、特徴的なのは会話システムでしょうか。
ノスタルジア1907や東京魔人学園とかでも使用されていますが、
方向キーで感情を選択することで、
より細やかなコミュニケーションを図ることが出来ます。

このゲーム、ちゃんと作りこんであれば、
GPMが勝ち得たポジションを掴めたんでしょうけどね。
ちょっと甘かったので、マイナーなままで終わりましたね。
それにこの手のゲームは決して皆無でもないので、
独自性はあってもそんなに高い点はつけられません。

ただ、1点だけ強烈な特徴がありました。
というのも、このゲームは同姓同士で愛を育むことができるわけで、
ぶっちゃければプレイ次第でホモゲーにもなれた作品なのです。

いや、これには驚かされました。
まさか家庭用ゲーム機でこんなゲームが出てくるなんて、
思いもしませんしね。

そんなゲームなんで、回避した方が賢明な人も多数いるでしょう。
ってか、そういうのが苦手なのに知らないで購入した人は、
本当にご愁傷様です。
あぁ、でもノベルゲーとは違いますし、
興味のない人はそういう方向にゲームが展開しませんからね。
現に私もそうなるって聞かされるまでは、全然気付きもしませんでしたし。
だからあまり影響はないのかもしれませんね。

当時は(ってか、今でもそうですが)、私もBL系は苦手なんですよね。
なのでこのゲームの最大の見せ場がBL的展開にあるのならば、
私は本作を心底楽しむことは出来ないでしょう。
そういう場合マイナス評価する人が大半なのでしょうが、
そこはそれ主観的印象とゲームの評価は別です。
よくゲーム機でこんな物を作ったってことで、
一応良作としておきたいと思います。

それにしても、99年は変なゲームが多いですよね。
作り込みの甘さで高得点にはなりにくいものの、
探せば探すほどいろいろ変なのが出てくるので、
そういう意味では本当に面白い年でしたね。

ランク:B(良作)

elan
elan AMAZONで詳細を見る


elan plus(エランプラス)<br />

関連するタグ PS /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1999」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/728-4506e8df
| ホームへ戻る |