闇の声

闇の声

『闇の声』は2001年にWIN用として、
BLACK CYCから発売されました。

エログロ系のゲームですっかり有名になったBLACK CYC(ブサイク)ですが、
そのブサイクの第一作目がこの『闇の声』でした。

闇の声

デビュー作であり、以後もシリーズ作品が多数発売されていることからも、
これが一応ブサイクの看板シリーズと言えるのでしょう。

さて、このゲームの一番の特徴はシステムにあります。
ジャンルとしてはADVに分類されるのでしょうが、
少々変則的だったりします。

プレイヤーは館に訪れたメンバーらの移動先を選び、
そこでのキャラ同士のカップリングでフラグがたっていくのです。
館の住人と一緒にさせることでメンバーは堕落していき、
完全に堕落すると、
今度はそのメンバーを他のメンバーと一緒にさせても堕落が進行します。

一つは各キャラの堕ちていく様子を眺めるという楽しみがありますし、
他にもどのキャラとどのキャラをあわせるかという、
カップリングの楽しみもあります。

メンバー7人と館の住人2人の計9人のキャラがいますので、
その組み合わせも結構な数になしますし、
当然組み合わせ次第でHシーンとかもかわってきます。

システムが凝っていて、キャラの堕ちていく様子も楽しめる。
グラフィックも淫靡でレベルが高いし、枚数も多い。
私の好きな要素が一杯あります。
本来なら絶賛といきたいところなのですが、
これがそうもいかないんですね。
客観的には凄く良さそうなのに、
どうにも思ったほどにははまれないのです。

おそらく、問題はストーリーそのものやテキストだったんでしょうね。
ゲームシステムもそれほど絶賛できる内容でもなかったのですが、
それでも並のADVよりはずっと楽しめます。
それではまりきれなかったのはストーリーに盛り上がりが欠けていたり、
テキストが淡々としていてイマイチだったからだと思います。
プレイしていて常に勿体無いな?とか、
惜しいんだよな?とか思いながら続けてましたからね。
アイデアは抜群だったのに、その肉付けが下手だったんでしょう。

そういうわけで中身が少し伴わなかったものの、
発想は面白かったですし堕ちていくキャラは十分楽しめました。
なので総合では、少し甘いかもしれませんが良作と判断しておきます。

ブサイクは以後もこのシステムを使っていきます。
そうして後に生まれたのが、
エログロ系の傑作である『MinDead Blood』なわけです。
MDBも本作の存在がなければきっと生み出されなかったでしょうから、
基礎を築いたという意味では非常に大きかったですね。

かように本作自体も良作ではありますが、
偉大な傑作の下地になった点でより大きな意義があるのかもしれません。
MDBでブサイクを知った人も多いかとは思いますが、
本作をプレイしてブサイクの原点に触れてみるのも良いかと思いますね。

ランク:C(良作)

闇の声

関連するタグ WIN /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2001」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/726-cdf1f30c
| ホームへ戻る |