美少女花札紀行 みちのく秘湯恋物語

美少女花札紀行 みちのく秘湯恋物語

『美少女花札紀行 みちのく秘湯恋物語』は1997年にPS用として、
FOGから発売されました。

タイトルこそ違いますが、
後に発売された『風雨来記』の原型となった作品ですね。

ptoki1_20150602061006f2a.gif

<概要>


ゲームジャンルはコマンド選択式ADV+花札となります。

カメラマン志望の主人公は、もし写真コンテストで入選できなければ、
花札の家元である父の跡目を継がされることになります。
そこで平泉で出会った朱鷺子をモデルに、
撮影旅行を続けていくというのが大まかなあらすじです。

<グラフィック>


2001年に発売された『風雨来記』は、
実写背景に2次元のキャラを重ねており、
北海道を舞台にした作品です。
一方の『みちのく秘湯恋物語』も実写背景に2次元キャラを重ねていて、
東北を舞台にしています。

どちらも実写+2次元美少女の組み合わせを用いた作品であり、
内容も旅行記的な感じでしたからね。
タイトルこそ違うものの『風雨来記』のプロトタイプ的な作品であり、
FOGの旅ゲーの実質的第1弾と言えるのでしょう。

この実写+2次元美少女の組み合わせは、
下手したら違和感がかなり出てくるでしょう。
というか、本作以前にも同様の試みを経験したことはありましたが、
それまでは実写背景+二次元って手抜きに見えて、
ほとんど好きになれませんでした。

しかし本作は実にうまく処理していて、変どころか、
むしろ他にはない独特の神秘さをも醸し出していました。
塗りの処理の仕方が抜群に上手かったのはもちろんのこと、
東北の風景に温泉の湯煙というのと美少女が、
上手くマッチしたんでしょうね。
これは正直驚きだったし、大きな魅力となってくると思います。
今まで持っていた偏見を180度転換させてくれたのも、
個人的には大きかったですね。

こういうグラフィックと旅行記みたいな内容から生じる雰囲気は、
他のゲームにはあまりない傾向で、荒削りな面も否定はしませんが、
私はむしろその独自性を高く評価したいです。

<ゲームデザイン>


さて、上記の魅力は本作にも後の『風雨来記』にも該当しますが、
両者にはシステム上の違いも存在します。
『風雨来記』は自分で自由に目的地を設定することが出来ましたが、
本作は基本的にコマンド選択式の1本道であり、
ストーリー性が高くなっています。
だから行動の自由度がほとんどないんですね。
そのため初代『風雨来記』の高い自由度が好きだったって人には、
本作は少し、もの足りないと思うのです。

でも、ここら辺は考え方次第でもありまして、
『風雨来記』は何をして良いか分からないって人もいたわけです。
『風雨来記2』は自由度が減りましたが、
やることが判り易くなってとっつきやすくなっていました。
本作にも『風雨来記2』と同じことが言えて、
あまり複雑にルートとかを考える必要がないことから、
気楽に旅行気分を満喫できたんですね。
本格的に取り組みたいなら『風雨来記』でしょうが、
疲れたときのちょっとした気晴らしにはこっちの方が向いていて、
これはこれで結構楽しめるものです。
また、FOGによる旅行ゲーの一作目ですから、
最初はこれくらいで慣らしていくのもありなのでしょう。

それと、本作は別名花札ゲームでもありまして、
要所要所で花札勝負をすることになります。
またカメラマンということでヒロインを撮影するモードもありますし、
格別優れているとは言えないまでも、
並の選択式ADVよりはゲーム性全般は優れていると思いますね。

<ストーリー>


ストーリーは東北各地を周っているうちに何者かに追われてって感じで、
2時間物のミステリードラマによく出てきそうな設定です。

これ自体は長所と呼べるほど優れたものでもありませんが、
多少の謎と緊張感を保ちつつ、無駄にだれる要素もありませんので、
誰でも普通に楽しめるって感じだと思います。

それでいて、各地を周りながら薀蓄も聞かされますし、
風雨来記と同じで本当にそこに旅をしているように、
いろいろ詳しくなっていけます。

<感想・総合>


つまりは、東北地方を実写と薀蓄で堪能しつつ、
時折花札に興じつつ、温泉で美少女を撮影するってゲームなわけです。
個々のシステムというより、全体の印象で異彩を放つタイプですね。

総じて、内容的には無難に出来た、欠点のない良作タイプだと思います。

ただ、上記のようにCGと雰囲気の持つ個性は抜群ですので、
その点をプラスし名作扱いとしておきます。
東北地方に焦点を当てたゲームはまずないですし、
当時はもちろんのこと、今でも重なる作品は他にないでしょう。
こういうCGに惹かれるものがある人や旅行が好きな人なんかは、
たぶん今でも楽しめるんじゃないかと思いますね。

ランク:A-(名作)

みちのく秘湯恋物語
みちのく秘湯恋物語 AMAZONで詳細を見る


みちのく秘湯恋物語kai

関連するタグ PS /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1997」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/718-44cc060f
| ホームへ戻る |