パノラマ倶楽部

パノラマ倶楽部

『パノラマ倶楽部』は1993年にPC98用として、
ソフトウェアハウスぱせりから発売されました。

FLUKE ADVと題された本作。
これは究極形かと期待したのも今は良い思い出…

ゲームジャンル:ボードゲーム風ADV
panoramakurabu02.jpg

<概要>


上記のように『パノラマ倶楽部』は、「FLUKE ADV」と題されていました。
これは運次第のアドベンチャーということなのですが、
プレイヤーとコンピューターが扱うNPCが入り乱れ、
それで一つのシナリオを解くというコンセプトでした。

ADVのキャラというのは、
あらかじめ予定された動きしかしないですからね、
こういう説明を聞いたとき一体どんなゲームなんだと、
少し期待してしまいましたね。

<感想>


で、蓋を開いてみれば、何のことはない、普通のボードゲーム、
つまりは双六だったんですね。
そりゃ運次第にもなりますよ。

ゲームは単純で、ルーレットを回して先に進みます。
そして止まった先でイベントが発生するわけです。
もっともここがゴールというものはなく、
マップごとに設定された条件をNPCより先に満たすことが目的となります。
ようするにイベントを発生させるために、
マップ内をぐるぐる周るゲームなんですね。
panpramakurabu01.jpg

「FLUKE ADV」とか言いだすからややこしそうなのですが、
やってることは極めて単純なんです。
ボードゲームなんでね、自分の思った通りには進行しません。
だから当然合わない人も出てくると思いますし、
その点において人を選ぶと言えるでしょう。

でも、イベントが絶えず発生するので飽きさせませんし、
細かなシステム周りの設定もできましたので、
素直に単純に楽しめた作品でした。
凄いものを期待すると肩透かしかもしれませんが、
たまにはこういうのもありだよなと思ったものです。

<総合>


総合ではギリギリ良作としておきます。
出来自体は佳作との境界線上ですし、
あえて人にすすめたいと思ったこともないのですが、
個人的には結構好きな作品ではあったんですよね。

ランク:B-(良作)

PC-9801 3.5インチソフト パノラマ倶楽部

関連するタグ PC98 /ADV /マップ選択式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1993」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/709-46749ebb
| ホームへ戻る |