エーベルージュ

エーベルージュ

『エーベルージュ』は1997年にWIN用として、
富士通から発売されました。

ゲームジャンル:育成SLG
属性:学園 男の娘(?)

エーベルージュ

windows95が発売されて、一般PCゲーも再び賑やかになりました。
多方面から参入もあり、活気があったんですよね。
本作はその象徴的な作品の1つで、とても印象的でした。

少し個人的な話になりますが、
当時は今と違って秋葉原にも良く行っていました。
富士通という大手の力が凄かったのでしょうか。
とにかく街頭での宣伝が凄かったです。
他にもメディアミックス展開も凄かったですね。
ラジオで知った人も多かったのではないでしょうか。

あまりゲームに詳しくない私の友人もこの作品は知っていましたし、
宣伝って大事なんだなと、良い意味で再認識した作品でもありました。

さて、肝心の中身なのですが、ノイシュの一言に尽きるのかなと。
ゲームはファンタジー世界がベースとなっていまして、
トリフェルズ魔法学園の初等部に入学するところから始まります。
そして前半は初等部で2年間過ごし、
後半は高等部で3年間の学園生活をおくることになります。
このゲームの目的は2つあって、
1つはクラスメートから告白を受けることで、
もう1つは卒業後の職業と結婚相手を決めることです。

ゲーム部分は一応前半と後半の2部構成になっているという特徴はあるものの、
良くも悪くも普通の育成SLGです。
決して悪くもないけれど、良くもないみたいな。

前半の初等部では主人公にはノイシュというルームメイトがいるのですが、
一応男性扱いになっている中性という設定になっています。
これが何とも悩ましいもので、他のヒロインより可愛かったのです。
そのノイシュとどう接したかで、
後半のノイシュは男性にもなりますし、反対に女性にもなったのです。
前半後半と分ける設定はまさにノイシュのためにあるようなもので、
設定を上手く利用した感じですね。
いや、最近は男の娘とかも流行っていますが、
やっぱり女の子が良いですよ。
女の子の姿で現れたときは、
ガッツポーズが出るほど嬉しいものでしたしね。

たぶん、このノイシュに対する印象で、
ゲーム全体に対する印象も決まってくるのではないでしょうか。
個人的には新鮮でこの発想は良いなとは思ったのですが、
もう少しあざといぐらいに萌えを意識して掘り下げてくれれば、
もっと良かったように思います。
せっかく大きな長所になりそうなところを、
みすみす逃しているようにも思えましたから。
でも、だからこそ一般受けもしたのかな。
そう考えると難しいものですね。

総合的には本作ならではの個性はあるものの、
名作というほどの長所にもなりきっていないことから、
結局は良作が精一杯なのかなと。
ノイシュに興味が持てなければ、佳作もありえたでしょうね。

まぁ今回はゲーム自体の印象よりも、
冒頭で書いたように存在自体のインパクトが強い作品で、
そういう意味で印象深い作品でしたね。

ランク:B-(良作)

エーベルージュ
エーベルージュ AMAZONで詳細を見る



関連するタグ WIN /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1997」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/706-7940d485
| ホームへ戻る |