R.U.R.U.R ~ル・ル・ル・ル~

R.U.R.U.R ~ル・ル・ル・ル~

『R.U.R.U.R ~ル・ル・ル・ル~ 
このこのために、せめてきれいな星空を』は、
2007年にWIN用として、lightから発売されました。

ゲームジャンル:ノベル系ADV

R.U.R.U.R

ストーリー的にはSFモノであり、
SFの中でもスペースオペラになるのですが、
そこに童話というか寓話が盛り込まれていたのが特徴的でした。
つまり、SF+寓話となるわけですね。

これはありそうでいながらあまりなかったもので、
結構新鮮な感覚でプレイできました。
設定的に満足できたSF系作品は久しぶりのように思います。

グラフィック等も普通に良いですし、
基本的にはよくできた作品と言えるのではないでしょうか。
最近はSF系の作品も減ってきましたからね、
とりあえずスペースオペラ物を求めているのであれば、
やってみて損のない作品だと思いました。

ただ、それを踏まえての話なのですが。
基本的な設定や構想が良いからといって、
そこから即面白さにつながるわけではありません。
原作つき漫画で原作者に描かせても、必ずしも良いとは限りませんしね。
このライターは他の作品でも大元の設定は凝っているのですが、
どうもシナリオそのものに面白みが欠けるように思うのですよ。
本作でもシナリオは比較的淡々としていますし、
設定を活かしていないものも多々ありました。
またアダルトゲームでエロ要素があることは本来は良いことなのですが、
このゲームでは逆に違和感も感じてしまうわけでして。
そのくせ妙にHシーンばっかでしたしね。
総論部分は褒められるのに、各論部分はイマイチみたいな、
妙な据わりの悪さも感じてしまったのです。

そういうわけで、個人的には良作に止めておきたいと思います。
ふと思ったのですが、これを演出・脚本能力に長けた人がアニメ化したら、
或いは大化けする可能性もあるのではないでしょうか。
どっかやってくれないものですかね?

ランク:B-(良作)

R.U.R.U.R

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2007」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |