さくら日和

さくら日和

『さくら日和』は1999年にWIN用として、
メイビーソフトから発売されました。

ゲームジャンル:育成SLG

さくら日和

主人公は大学受験に失敗した浪人生で、
「さくらハイツ」というアパートで暮らし始めます。
そういえばこの頃って、アパート物が多かったような気がしますね。

さて、アパート物ということで当然ながらそこの住人は全員女性で、
つまりはハーレム展開なわけですね。
端的に言えば、エロだらけの『めぞん一刻』です。

いや、『めぞん一刻』もどきってのは古すぎるのかな、
書いてて思い出したのですが、
この頃は『ラブひな』にはまってた頃だったんですよね。
そういうゲームがやりたくて購入したのが本作だったように思います。

肝心の内容はエロばかりだったためにエロしか記憶にないのですが、
パッケージに「恋愛SLGにどれだけエッチを盛り込めるか?」とあり、
そのキャッチコピーに恥じぬだけの分量は用意されていました。
出た年が年だけに音声はありませんでしたが、
それでも結構エロく感じたものです。

ただ、絵柄がごつかったですね。
何故かこの頃はこの絵さえも魅力的に見えて半分絵買いという、
今となってはどうにも自分でも解せない精神状況だったのですが、
そうであるがゆえに個人的には楽しめましたけどね。

とはいえ、ガテン系のヒロインはある意味衝撃的で、
こんなのゲームにだすんかいって思ったものです。
まぁでも、需要はあったってことなんでしょう。
本作の絵師の代表作は、
何と言ってもあの『THEガッツ!』なわけですから。
世の中って広いんだな?って、しみじみ思いましたね。

『THEガッツ!』の発売は本作より少し前の同じ99年でして。
『ラブひな』の連載開始は98年の後半ですが、
本格的なブームは99年になってからでしょう。
そういう意味では、本作をやっていると99年が思い出されるようで、
こういう風に昔を思い出せる作品ってのも、
評価とは一切関係ないですが、それはそれで面白いなと思いますね。

システムは一応恋愛SLGになるのでしょうか。
ADVパートと自己育成のSLGパートがあって、
アルバイトや勉強をしながら1年間を過ごすことになります。
如何せん期間が長い作品ですので。
ストーリーだけを求めるとだるく感じてしまうかもしれません。
逆に1年間のアパートでの日常生活を再現したものと気楽に考えれば、
それなりに良かったように思います。

ADVばかりになると期間が短めになり、
こういう長期のものは少なくなるわけでして。
こういうのばかりでも飽きてしまうものですが、
最近少ないなと思うと妙に懐かしくなるものですね。
お世辞にも名作とは言えないかもしれませんが、
windows以降のメイビーの中では一番好きかも知れない作品でもあり、
エロエロな展開と妙にはまる独特の雰囲気を評価して、
一応良作としておきたいと思います。

ランク:B-(良作)

さくら日和
さくら日和 AMAZONで商品詳細を見る

駿河屋
Win95/98 CDソフト さくら日和

関連するタグ WIN /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1999」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/698-db67cfd6
| ホームへ戻る |