赤い水晶の瞳

赤い水晶の瞳

『赤い水晶の瞳』は1996年にPC98用として、
フェアリーダストから発売されました。

ゲームジャンル:マップ選択式ADV
属性:NTR 推理

akaisuisyou01.jpg

<概要>


フェアリーダストというと『くりいむレモン』の印象が強く、
逆にそれしか浮かんでこなかったりもするのですが、
『くりいむレモン』シリーズ以外にも当然ゲームは出していました。

その中でもブランドの代表作になりそうな作品が、
この『赤い水晶の瞳』でした。

<感想>


ストーリーは推理モノになります。
主人公は探偵なのですが、本業ではサッパリ儲かりません。
そのためスポーツ用品店でのアルバイトがメインになっていて、
ある時ミイラ化した変死体に遭遇します。
そこで、その被害者の姉とともに、
その事件の解決をするというのがゲームの目的となります。

本作はマップ上から移動先を選ぶタイプのADVで、
基本的には地道に捜査をしていくタイプのゲームになるのでしょう。
そういう類のADVは結構1本道だったりもするのですが、
本作は7種のEDがありましたので、
このタイプにしては比較的珍しかったのかなと。
もっとも、分岐の難易度が非常に高かったので、
難しい作品ほど楽しめる人にはプラスになるでしょうが、
普通の人だと本作の分岐は、
必ずしもプラス要素にはならないのでしょう。

従って、特にゲーム性が高いというわけでもないし、
またストーリーが特別優れていたってわけでもなかったですしね。
グラフィックはわりと好みではあったのですが、
立ち絵は一部で変だったりしますし。
そういう意味では特別良かったというわけではありませんでした。

しかしそれでいて、何故か印象に残りやすいゲームでもありました。
確かにオチとかは弱かったのかもしれませんが、
伏線であるとか部分的な描写に光る分がありましたので、
場面単位では驚かされたり、
印象に残るシーンが多かったからなのでしょう。

いつものフェアリーダストはシステム周りが貧弱でしたが、
本作はフェアリーダストにしては快適にプレイできましたし、
ついつい先に進めたくなるのです。

それと印象に残るという意味では、
何と言っても寝取られ(NTR)でしょう。
主人公にはヒロインがパートナーとなって一緒に行動しますが、
候補は2人いて選択次第でパートナーが変わります。
その1人であるメインヒロイン級のキャラが、
バッドEDで犯られてしまうわけですね。
ここの描写は中々に強烈かつ秀逸であり、
人によってはトラウマになりかねないのですが、
逆にNTR好きにはたまらない部分だったのかなと。

<総合>


メイン部分でやや物足りなさは残るものの、
部分部分では輝く場面もあり、印象に残りやすい作品でもあり、
全体としては良く出来た部類だと思います。

まぁ、名作の多い年だったので相対的に沈んだ面もあり、
個人的には良作にとどめていますけどね。
しかし、上記のような特徴がありますので、
具体的には伏線とかちょっとした部分であっと思えるのが好きな人や、
NTR系が好きな人ならば、おそらく楽しめるのではないでしょうか。

ランク:B-(良作)

3.5インチ
PC-9801 3.5インチソフト 赤い水晶の瞳

5インチ
5インチソフト赤い水晶の瞳

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/697-94a15c9a
| ホームへ戻る |