ウィザーズハーモニー

ウィザーズハーモニー

『ウィザーズハーモニー』は1995年にPS及びSS用として、
アークシステムワークスから発売されました。

後のウィザーズハーモニーシリーズに、
エターナルメロディ・悠久幻想曲ラインと、
どこぞのプロレス団体の分裂みたいでややこしかったですが、
本作はそれらの原点とも言える作品でした。

ゲームジャンル:育成SLG+ADV


<感想>


ジャンルは育成SLG+ADV。
正直なところSLGパートやADVパートの個々の完成度自体は、
それほど高いとは思っていません。
たぶん今やったら、多くの人が不満を感じるのではないでしょうか。
でも、それもその人たちが後の優れた作品を知っているからの話です。
本作は恋愛系のゲームでもあるわけですが、
ゲーム機ではSLGが先に流行し、次第にADVへとシフトしていきました。
その過渡期にはSLG+ADVという形式もあったわけで、
本作もその中の1本と言えるでしょう。
ただ、本作が出たのは95年です。
SLGが主流の時代はまだ続いていたわけで、
他の後追いゲームと同列に扱ってはいけません。
その時代に既に融合させたシステムに移行していたのは、
素直に賞賛に値するでしょう。
95年は次世代機が普及しきっておらず、
本作をプレイしたのは大分後になってからの人も多いはず。
そしてその頃にはこのようなゲームも多くなっていたでしょう。
だから後の基準で見てしまうと、本作の意味合いを見誤ってしまうのです。

また、本作の定価は4900円でした。
この価格の安さも評価に値するでしょうね。
PCゲーならミドルプライスに相当するわけですから。
SFCとかのゲームより綺麗で音声もあって、
それで価格は半分以下なわけです。
PSの他のゲームも大半は5800円でしたし、
この価格で提供しようとした意気は買いたいものです。

そして、一番の魅力はmooさんの描くキャラですね。
とにかく可愛かったです。
微妙にショボく見えてしまうところが残念でもありましたが、
この時期では十分に長所と言えたでしょう。

そういうわけでよく頑張ったなっていうか、
制作陣の意気込みの伝わってきた作品でした。
ただ、その頑張りがもう1つゲームの面白さにつながらなかったわけで、
良作とは言えても名作と言うにはもう1つ突き抜けたものが足りませんでした。
過渡期のゲームは後になってプレイしても良さが分かりにくいものですが、
ゲーム機の恋愛ゲームとしては、
95年を代表する1本と言えるのではないでしょうか。

ランク:B-(良作)



関連するタグ PS /SLG /ADV /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/696-510d0c1b
| ホームへ戻る |