NOISE ノイズ

NOISE ノイズ

『NOISE -ノイズ-』は2005年にWIN用として、
CARMINEから発売されました。

この頃には珍しくなった、ストーリーも楽しませる陵辱モノ。
ジャンル:ノベル系ADV

NOISE -ノイズ-

加えて主人公は相手の心の声を読み取ることができるので、
その能力が本作の特徴として発揮されています。

本作の魅力は何と言っても、
ストーリーと陵辱要素のバランスにあるでしょう。
近年の陵辱モノはただ陵辱するだけというのも多いですが、
本作は意外と言ったら失礼かもしれませんが、
ストーリーがわりとしっかりしています。
それだけでなく、例えばストーリー重視と言われる恋愛系でも、
序盤はダルイ日常シーンが続くっていうゲームも多々あります。
しかし本作にはそんな無意味な日常シーンはないので、
そういうのが苦手な人でも序盤からスムーズに話の中に入っていけます。
たっちー系のブランドなだけに、
ストーリーも楽しめたというのには驚かされましたね。

また陵辱モノとしても、主人公は犯される相手の内心が読めますので、
ヒロイン視点的な楽しみ方もできます。
私はあえぎ声のような外面的な部分より、
むしろそういう内面の心理状態の描写の方が嬉しいので、
これは良かったですね。
もちろん、SMを中心に多彩なバリエーションがありますし、
キャラも妹・姉・人妻とちゃんと揃っています。

ストーリーとエロの両方がそれなりのレベルにある作品は、
あるようで中々ないものです。特に近年は。
そういう意味では本作の存在価値は大きいように思えます。

ただ、本作も完璧というわけではありません。
陵辱部分は、この手に免疫のない人にはきついかもしれませんが、
たっちー系に慣れている人には間違いなくぬるく感じるでしょう。

またストーリーが良いと言っても、
陵辱系の中では相対的に良い方だというだけで、
本当にストーリーの優れている作品には劣ります。
こういう路線に飢えていただけに、
余計にも良く見えた部分は否定できないでしょうしね。

もう少し具体的に見てみますと、
前述のように主人公は相手の内面を読み取ることができます。
その能力は、H方面にはわりと活かされています。
しかし、ストーリー方面にはあまり活かされていません。
もう少し駆け引きとかに利用できていたら格段に違ったでしょうし、
そうなれば名作と判断していたかもしれません。

個人的には、ここがキーポイントだったのだと思います。
たっちー系より陵辱面を抑えつつストーリーを強調したのが本作ですから、
だからこそ余計に、
設定の特殊さをきちんとストーリーに反映させて欲しかったのです。

ということで全体としては楽しめるものの、
これという明確な特徴に乏しいことも否定できません。
どっちかだけをピンポイントで望んだ人には、
もしかしたら物足りなく映るかもしれませんね。

各論的に個別の要素や部分だけを見ていけば、
本作はせいぜい佳作程度なのかなとも思います。
ただ、総論的な大きな視点で考えていけば、
上記のように中々こういうゲームはなく結構貴重なんですよね。
大きなプラスもないけどマイナス要因も見つからないですし、
そこに貴重さも考慮して総合的には良作としておきたいと思います。

このゲームは普段あまり陵辱モノをやらない人にこそ、
入門用としておすすめしたい気がしますね。
恋愛シナリオ系ばかりだった人を陵辱モノに目覚めさせる導入としては、
非常に良質なゲームだと思いますから。

ランク:B(良作)

NOISE-ノイズ-

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「2005」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/692-3150edef
| ホームへ戻る |