OUTER WORLD (アウター・ワールド)

OUTER WORLD (アウター・ワールド)

『OUTER WORLD (アウター・ワールド)』は1992年にSFC用として、
ビクターエンタテインメントから発売されました。

海外のADVにはまりだした頃に、
あちこちで評判の良いゲームを一生懸命探しました。
その中で、いろんな所で高く評価されていたゲームが、
『OUTER WORLD』でした。

ゲームジャンル:アクションADV
アウター・ワールド

一体どんな作品なのだろう?
このゲームはプレイできないのだろうか?
と思っていたら、意外なことに日本語化されていたわけでして。

もっと調べるとアクション+ADVなので、本来は私の守備範囲外になります。
だから日本語版の存在に気付けなかったのでしょう。
アクション系は苦手なのでプレイしない方が賢明かと思いつつも、
海外での高評価及び国内でのボロくそな反応のギャップが不思議で、
それで手を出した作品でした。

さて、その肝心の中身なのですが、
システムはいわゆるアクションアドベンチャーと呼ばれるもので、
アクションゲームにADVの謎解きが加わった作品になります。

グラフィックは発売年の基準では最高レベルだし、
謎解きも歯応えがあったので、
これは高評価を得られるのも納得できるなと思いました。

ただ、私はこのゲームをクリアできませんでした。
いや、単に私がドヘタというのもありますが、
アクション部分が異常に難しいのですよ。

とてもシビアな操作を要求する上に、
ミスったら即ゲームオーバーですからね。
かなりのマゾ仕様で、どうしても人を選んでしまうでしょう。

謎解きの観点からも、目に見えた露骨なヒントがないので、
これまた人を選んでしまうでしょうし。

つまり、一見して何をして良いのか分からない、
それでいて少しミスるとゲームオーバーな作品なわけで、
こういうのは何時の時代もクソゲー扱いされやすいものです。

でも、前述のようにグラフィックは抜群に綺麗ですし、
じっくり考えることに長けていて、
なおかつ細かなアクション操作にも長けている人ならば、
これは面白く感じられたんじゃないかなって思うわけでして。
実際、多くのクソゲー評価の間に、
今でも根強く楽しんでる人も結構いますからね。

アクションの苦手な私は、
結局は当初の予想通り楽しみきれませんでした。
しかしそれは下手糞な私の技量に問題があるだけであって、
ゲームが悪いのではありません。
このゲームを嬉々としてプレイしている人を見ると、
何となく羨ましくなったものでしたね。

アウター・ワールド

関連するタグ SFC /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「アクション系」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/689-59a59e0d
| ホームへ戻る |