Emmy2

Emmy2

『Emmy2』は1984年にPC88用として、
アスキーから発売されました。

伝説の人工無脳、『Emmy』の続編になりますね。

emmy201_20160211104938987.jpg

<概要>


ゲームジャンル:コマンド入力式ADV

Emmy2は画面に表示された女の子と会話をして、
口説いて最後は脱がせるのが目的となります。
会話方法はコマンド入力式なので、
コマンド入力式のADVとなりますね。

<感想>


会話方法に違いはあるものの、
ベクトル的には近年で言えば『NOEL』と近いものがあるでしょうか。
そういうコミュニケーション系ゲームの先駆けというわけです。

こっちの入力した言葉に対して、
コンピューターが言葉で返答してくる。
ある意味、最もADVらしい作品なのかもしれません。

さて、本作は続編ということで前作より進化してきました。
人工無脳系のゲームはこれまでにもあったものの、
電源を切るとそれでリセットされてしまうものばかりでした。
Emmy2では会話データが蓄積されますので、
この違いは非常に大きかったですね。
まぁ、それでも今からすればかなり物足りないのですけれど、
進化を感じられたというのは凄いことだと思います。

因みに、人工無脳というのは会話ボット、
あるいはおしゃべりボットと言う意味です。
なまじ無という文字を使ってしまったために、
字面で悪いイメージを持たれてしまうのは不運でしたね。

そしてそれ以上に、グラフィックの進歩が大きかったですね。
いや、どうせ会話するならば、ブスより美人の方が当然楽しいでしょ。
口説くのが目的のゲームなんだから、
それなりに口説きたくなる子じゃなきゃ駄目でしょってことです。
その点、前作のキャラはあまりにもショッキングすぎた出来で、
あまり会話をしたいという意欲が沸かなかったものです。
つまり前作はゲームとしての発想は良かったけど、
それ以前の時点で完全にアウトだったのですよ。
それが今回は、金髪美女に変更されています。
これでようやくプレイ意欲も沸くってものです。

まぁ、今となっては古臭いし、
当時としても好き嫌いは分かれるでしょうけどね。
というか、主観面だけならそれほど自分も好きって作品でもないですし。
でもいろいろと資料的価値のある作品ですし、
ADV史には欠かせないゲームだと思うんですよね。

ランク:A-(名作)

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド入力式 /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「1984」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/680-a4e09005
| ホームへ戻る |