夢幻廻廊2 ~螺旋~

夢幻廻廊2 ~螺旋~

『夢幻廻廊2 ~螺旋~』は2009年にWIN用として、
BLACK CYC(ブラックサイク)から発売されました。

ゲームジャンル:ノベル系ADV
属性:マゾ

夢幻廻廊2

前作である『夢幻廻廊』は徹底したM向けゲームで、
この分野では最高ランクの内容を有していました。
その続編である本作も同じ路線を踏襲しており、
Mの人はとりあえず買っておいて損はない作品に仕上がっています。

M向けということで主人公がヒロインらに調教されるのですが、
この辺の描写はおそらく前作よりも若干強烈になっています。
おそらくとなってしまうのは、基本的に前作の延長上ということもあって、
前作をプレイしていると免疫ができあがっているのです。
だからインパクトという面では前作と大して変わらないか、
或いは劣って見えるかもしれません。

ジャンルはノベル系のADVで、
内容は基本的にはループ物になります。
夢幻廻廊2はストーリー的にもキャラ的にも、
前作のリメイク的側面を有している感じですね。

前作はM描写も雰囲気も良かったのですが、
ストーリーそのものはイマイチでした。
構造的には凝っているのですが、
それがもう一つ面白さにつながっていなかったのです。
言わば唯一の弱点でもあったわけで、
リメイクするなら最も力を入れて欲しかった部分でもありました。

それでリベンジをはかったのかもしれませんが、
結果的には夢幻廻廊2でもこの部分はイマイチで、
課題は解決されずじまいって感じでしたね。

まぁ、ここまでなら前作と同等か、
完成度を重視するなら若干本作の方が上という考え方もありえるでしょう。
だからこの絵が好きでMゲーが好きなら買って損はしないと思います。

ただ、若干気になることもあったわけでして。
Mの世界のような変態じみた異常な光景は、
世俗と切り離された非現実的な空間の方が雰囲気が出てきます。
前作の屋敷はそういう空間を演出する機能を有していたのですが、
今作では現実の世界とつながっているために、
舞台の持つ神秘性が損なわれてしまいました。
このシリーズはストーリーそのものの魅力ではなく、
全体の雰囲気で引っ張るゲームだと思いますので、
神秘性が損なわれることで雰囲気も損なわれてしまったようで残念でした。

それと私は前作のキャラの絵と雰囲気が、とっても好きだったのです。
グラフィックも前作は雰囲気にマッチしていたのですが、
今作では萌え絵っぽくなっています。
これではよくある他のゲームと変わらないよなって思うわけで、
他とは違うという雰囲気作りの面ではマイナスだったと思います。

総合的には佳作ってところでしょうか。
基本的には良質な作品ですし、
完成度を重視すれば前作同様良作扱いでも問題ないでしょう。
しかし、前作ほどのインパクトはなかったことと、
雰囲気で酔うゲームで前作ほど雰囲気が良くなかったということで、
1ランク下がると判断しました。
まぁ、基本的に前作と似たような内容ですので、
どちらも未プレイの人は好きな絵柄の方で良いと思いますけどね。

ランク:C(佳作)

夢幻廻廊2

DL版
夢幻廻廊2

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「2009」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/679-39991e66
| ホームへ戻る |