ミシシッピー殺人事件

ミシシッピー殺人事件

『ミシシッピー殺人事件』は1986年にファミコン用として、
ジャレコから発売されました。

ファミコン時代のクソゲーの代表作。
なのに周りの保有率は凄く高かったという、不思議な作品でした。

ゲームジャンル:移動式ADV
ミシシッピー殺人事件

ファミコン時代にはいくつもクソゲーと呼ばれるゲームがありましたが、
ADVでは必ずノミネートされるであろう作品が、
このミシシッピー殺人事件でした。
と同時に、ADVの中の認知度としてもファミコン屈指な上に、
上記のように私の周り皆持っているという、
実に珍妙なゲームだったんですよね。

ついでに加えると、助手はワトソンなので、
先入観で主人公はホームズとずっと思い込んでいました。
でも実はチャールズ卿とかいうパチ者だったりするわけで、
そこら辺からして胡散臭さが漂っています。

さて、このゲームはRPGのように直接キャラを動かすタイプのADVで、
そのシステムであるが故に評価が変動するというわけではないのですが、
この当時では珍しかったのかなと。
ただ、クソゲーとして伝説たらしめたのには、
このシステムだったことが大きく寄与しているように思います。
そういう意味では使い方次第で化ける可能性のあるシステムなのかもしれません。

というのも、本作の舞台は豪華客船で、
そこで事件が発生したことから船内を探索することになります。
その過程で床に突然穴が空いて落ちてゲームオーバーとか、
ドアを開けるとナイフが飛んできてそれに刺さってゲームオーバーとか、
そんな死にまくりのゲームだったんですね。

あれを初見で全てかわせた豪の者はいたのでしょうか?
あのあまりの理不尽さで強烈なインパクトを与えたわけですが、
よ~く考えると理不尽なゲームオーバーなんて、
昔のADVでは決してないことではありません。
それでも本作がことさら有名になったのは、
理不尽な死がグラフィックで描写されたことによる、
視覚的なインパクトが伴っていたからだと思うのですよ。
だから面白さに貢献したとは言えない本作のシステムも、
クソゲーとして人々の記憶に残るということには大きく影響したと思うのです。
まぁ、そこそこ面白くてもすぐに忘れ去られていくゲームが多い中で、
長く覚えていてもらえたわけですからね。
そう考えるとやっぱり凄いことだったのかなとも思ったり。

ところで、本作には他にもクソゲーと言われる要因がありました。
得た証言を他人への聞き込みに利用する場合には、
ワトソンにメモをさせる必要があったのです。
しかしワトソンがメモできるのは証人1人につき3つまでで、
しかも一度漏らすと再度証言を得ることはできず、
結果としてすぐに詰まってしまいました。
トラップでの死はインパクトこそありますが、
その場所にさえ注意すれば問題ないわけで、
案外クリアに対する大きな支障になっていなかったと思います。
むしろ地味に堪えたのが、このメモのキープ数制限だったのでしょう。

こういう詰まりやすいのは叩かれやすいですからね。
特にプレイヤーの大半が子供だったファミコンでは尚更でしょう。
しかし必要な情報の取捨選択を迫るなど、
ADVの特に推理系では有効に利用できそうなシステムもあったわけで、
結構見所のあったゲームでもあったように思います。
余談ですが、後にこの手のシステムを上手く活用した推理物も出てくるわけで、
『刑事神南さつき』のKIMシステムなんかがその代表例になるでしょうか。

それでも一度逃すと2度目は無理というような構造は、
やっぱりちょっとバランス的にどうかとも思いますが、
ようは発想は良かったけど練り込みが足りなかった、
独自性はあったけど完成度が伴わなかったということなのでしょう。

そういうわけで、巷では最高ランクのクソゲー扱いな本作ですが、
そして私も諸手を挙げて褒める気にはなれませんが、
ADVとしての珍しさや見所はあったわけで、
中々に興味深い作品として元は取れたように思い、佳作としておきます。

ランク:C-(佳作)

ミシシッピー殺人事件
ミシシッピー殺人事件 AMAZONで詳細を見る


関連するタグ ファミコン /ADV /移動式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1986」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/678-6404da7e
| ホームへ戻る |