SDガンダムGX

SDガンダムGX

『SDガンダムGX』は1994年にSFC用として、
バンダイから発売されました。

見た目は戦略SLGで戦闘シーンはACTという、
一風変わったシステムだったガチャポン戦士シリーズ。
ファミコン時代末期は完全にSLGになったりと紆余曲折もあったわけですが、
基本的にこのシリーズは好きでずっと買ってました。
その長いシリーズの中でも、
巷で最高傑作と言われることが多いのが本作でした。

ゲームジャンル:SLG+ACT
SDガンダムGX

基本的なシステムはそのままに、
MSの種類は増えゲームバランスも良くなっていましたからね。
発売時における完成度という点では、
間違いなくシリーズ随一の作品だったと思います。

後に後継作が出ていますが、『GNEXT』は仕様が微妙に阿呆だったり、
PS版の『Gセンチュリー』は激重で遊べたものじゃなかったので、
結果的に今遊べるかという観点からも長く最高の作品と言えたでしょう。
(ずっと後にGCで新作が出たみたいですが、
私は未プレイなのでそれについてはよく分かりません。)

ですので、SFC時代までのシリーズ作品の中で、
今やって一番面白いのは何かって聞かれたら、
私は間違いなく本作をオススメします。

ただ、一般論としてはそうなのですが、
個人的な感想となるとまた変わってきます。
というのも、本作は完成度は高いものの、
ぶっちゃけ代わり映えがしないんですよね。
『カプセル戦記』の頃には新鮮さもあって、
もう本当に夢中になって遊んだものですが、
本作ではそういう夢中になることが出来ませんでした。

完成度、クオリティは高いものの、結局は毎回似たようなことの繰り返しで、
独自性やオリジナリティが低いのです。
完成度にしたってシリーズ内では最高というだけであって、
SLG全体で突出した完成度とまでは言えないでしょうし。

つまりは、良くは出来ているけれど、
特徴のない作品になってしまったんですね。
某レビュー風に言えばオール8を付けたくなるような、
典型的な良作タイプの作品って感じです。
そういうわけですので、私のランク的には良作止まりです。

ただ、何度も言ってますように完成度はシリーズ内最高ですからね、
今やるという前提ならば本作が一番良いのも、
おそらく間違いないのではないでしょうか。

ランク:B-(良作)

GX

関連するタグ SLG /SFC /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/676-270effe1
| ホームへ戻る |