Libido7 IMPACT

Libido7 IMPACT

『Libido7 IMPACT』は1995年にPC98用として、
LIBIDO(リビドー)から発売されました。

可愛いキャラと相反するかのような過激さで評判を呼び、
私の知人を女性不信(そしてホモ?)に陥れたゲームの続編ですね。

ゲームジャンル:ノベル系ADV
libido7im01.jpg

<感想>


ゲームジャンルは一応ノベル系のADVになるでしょうか。
プレイヤーのやることはいたって単純です。
最初の画面に表れる8人のキャラから2人を選択します。
するとその2人の女の子がレズりだしますので、
あとはその変態レズ描写を眺めるだけです。

キャラは8人で2人の組み合わせということで、
シナリオは全部で28本あります。
もっとも、物語と呼べるほどの立派なものはなく、
28本のHシーンがあるだけのようなものです。

まぁオカズウェアを標榜して売られていたわけですし、
実用的で濃厚なシーンさえあれば、
他の無駄な部分はいらないだろってことですね。
潔いと言えばかなり潔い構成で、
コンセプトがしっかりしているとも言えるのでしょう。

問題はオカズとして使えるかなのですが、
これは中々手強く、初心者には向かないかもしれません。
いや、キャラは抜群に可愛かったし、
CGも脱いだ姿しかないのですけどね。
おかげでCGモードは、下のようにほぼ肌色だらけの塊と化してしますしw
libido7im02.jpg

皆脱いでいるのは良いのですが、基本的にレズばっかりですし、
SMやらスカトロやらひたすら変態路線ですからね。
モザイクのかかったウ○コがにゅるっとアニメで出てこられても、
多くの人は力の入れどころ間違ってるだろと思いかねないですし、
喜ぶ人はどうしても限られてくると思います。

そういうわけで、
とにかくスカとレズに耐性がなければ駄目なゲームでした。
私は駄目ではないけれどそんなに好きでもないって感じでしょうか。
ぶれずにやりきったという意味では賞賛に値しますし、
長所というか尖った部分は確かにあるのですが、
ボリュームを含め駄目な部分も一杯ありますからね。
それらを相殺し、総合では佳作としておきたいと思います。

基本的にモザイクも薄いですし、
属性が合えばかなりはまれそうな気もしますが、
やっぱり人を選ぶでしょうね。
でも、当時はかなり売れたんですよね。
あの頃のユーザーの方が柔軟性が高かったのか、
それとも単に変態率が高かっただけなのでしょうか?
そういや家の近所の電器屋でも一番目立つ位置に飾ってあり、
いやいやそこは同級生2だろと思ったわけで、
妙に印象深かったものです。

ランク:C(佳作)

Win95 CDソフト Libido7 IMPACT

関連するタグ PC98 /ADV /ノベル系 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1995」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/675-072996a5
| ホームへ戻る |