女装山脈

女装山脈

『女装山脈』は2011年にWIN用として、
脳内彼女から発売されました。

少しずつ流行りだしている男の娘に特化した、珍しい作品でした。
ジャンル:ノベル系ADV

女装山脈

一昔前までなら、男の娘?何だそれ、
普通に女の方が良いに決まってるだろと思ったかもしれません。
でも、『ゆびさきミルクティー』だの『プラナス・ガール』だのを読み、
何だか可愛ければ性別はどうでも良いようにも思えてきたわけで。

そこまでならどっちでも良いじゃんって扱いなのだけど、
『サマーウォーズ』の佳主馬がきわめつけでしたね。
男の子っぽい外見をしているけど実は女の子なんだろ、
いつ本当は女の子だったんですってイベントが出てくるかと期待していたら、
これが中々出てこないわけでして。
ぉいぉい、もう終わるよ、まさか本当に男なのか、冗談じゃないぞ、
いやラストまで分からない、諦めたら負けだなどと、
脳内で何だかいろいろと絶叫しながら見てたら結局最後まで男だったわけで、
いまだにあれは女にすべきだよなと未練がましく思ったりもするわけですが、
そんなやきもきする感覚も一つの楽しみなわけでして。
あぁ、何か一つステージが上がったよと、
新たな属性に目覚めたような興奮をおぼえつつも、
男の娘ってのも馬鹿にしたものではないとか、
可能性は秘めているんだとか思ったものです。

さて、そんなわけで男の娘に特化した作品として発売された、この女装山脈。
新たな男の娘の魅力を気付かせてくれたら良かったんですけどね。
う~ん、結論から言うと駄目でしたね。
っていうか、何だこの生ぬるいのは…
普通の萌えゲー風に進行し、途中であっさり男の娘と判明し、
その後も普通にHもしますし、ファンタジー設定で子供までできてしまう。
普通の萌えゲーで、穴が竿になっただけのような感じなんですよね。

何ていうか、だったら男の娘である必要なくね?って思ってしまいます。
何のために男の娘に焦点をあてたのか、
それが全く伝わってきませんでした。
ツルペタだけど全身性器のような感度というのであれば、
ツルペタのフタナリでも良いわけです。
いや、むしろ前に穴があって感じるポイントが増える分、
フタナリの方が優れているでしょう。
プレイ前は男の娘の魅力を堪能するつもりであったのに、
逆に実はフタナリって凄くね?とフタナリの評価を見直したくなったわけで、
何だか皮肉な結果となってしまいました。

もっとも、テキスト自体は良好ですし、
題材次第では良い作品を作れると思います。
その意味では次への期待も少しはもてるのですが、
本作に限って言えば見かけ倒しの設定で残念だったというところでしょうか。

まぁ、一応男の娘特化作品ということで、
本来なら男の娘好きにはオススメと言うべきなんでしょうけどね。
これ、本当に男の娘が好きな人が楽しめているのかと、
私には疑問に思えてしかたありません。
むしろ男の娘って何それくらいに馴染みのない人や、
ホモやBLに抵抗がある人への、軽い入門作みたいに感じてしまうんですよね。

ランク:D-(凡作)

女装山脈

関連するタグ WIN /ノベル系 /ADV /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2011」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/673-37fbb4fc
| ホームへ戻る |