ザ・コンビニ ~アナザワールド~

ザ・コンビニ ~アナザワールド~

『ザ・コンビニ~アナザワールド~』は1997年にWIN用として、
マスターピースから発売されました。

経営SLGの定番コンビニシリーズの番外編となります。

ゲームジャンル:経営SLG

Win95 CDソフト ザ・コンビニ アナザーワールド

SLGにもいろいろあるわけですが、
経営要素ってのは大概のSLGに何かしらの形で含まれていると思います。
そういう意味では多くの人が結構馴染みはあるかと思うのですが、
大抵は従的な要素に終わっちゃうんですよね。

もちろん徹底した数値管理が大好きな人もいるでしょうし、
経営SLGが好きな人もいるでしょう。
でも、そういう人たちの欲求を満たしてくれる、
経営特化のゲームって意外に少ないように思います。

今なら私は真っ先に『キャピタリズム2』の存在が思い浮かびますし、
入手の困難さを除外して言うならばオススメもします。
でも、90年代半ばにはまだ発売されていなかったわけでして。

90年代の半ばならPC-98の光栄のとかが思い浮かぶのですが、
windowsに移行しだしたこの頃の経営SLGっていうと、
やっぱり『ザ・コンビニ』シリーズが思い出されるんですよね。
とにかく絶対数の少ないジャンルでもありますし、
好きな人も結構いたでしょう。
そして続編や派生版もたくさんの種類がありました。

本来ならナンバリングタイトルの中で一番秀逸なのをすすめたいのですが、
個人的にはどうにも普通のコンビニ経営ってのに、
あまり興味が持てなかったんですよね。
経営や管理はある意味とても身近なだけに、
ゲームで扱う題材には日常からできるだけかけ離れた、
普段経験できないものを望んでしまうのです。

そういう私のようなひねくれ者も、少なからずいると思います。
そしてそんな人にオススメなのが、本作なわけです。
アナザーワールドということでコンビニシリーズの派生版なのですが、
3つの異なるステージが用意されています。
具体的には、猫の世界が舞台の「ねこワールド」、
剣と魔法の世界が舞台の「ファンタジーRPGワールド」、
近未来・戦争後の世界が舞台の「リバースシティー」の、
3つの架空世界が用意されているわけですね。

非日常な世界の中では、
ゲーマーに一番馴染みがありそうなのがファンタジーRPGワールドでしょうか。
RPGをよくやる身としては普段は買うばっかりですからね。
それを逆の立場でやるのも、これはこれで中々に新鮮なものです。

個人的に一番好きだったのは、
やっぱり「ねこワールド」ですかね。
売る方も買う方も、皆猫だらけ。
売っている商品も、猫じゃらしとか猫缶とか。
とっても可愛くかつユニークでした。

他ではできない体験をすることが出来たということで、
個人的にはシリーズの中でもこの作品が一押しなんですよね。
またこういう路線で作ってもらいたいです。

因みにこのアナザーワールドは、PSやSSにも移植されています。
タイトルは『ザ・コンビニスペシャル 3つの世界を独占せよ』なので、
探す場合はご注意下さい。

ランク:A-(名作)

Win95 CDソフト ザ・コンビニ アナザーワールド PSソフト ザコンビニスペシャル

関連するタグ WIN /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1997」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/668-dfcbc46e
| ホームへ戻る |