漂流

漂流

『漂流』は1996年にPC98用として、
イリュージョンから発売されました。

ゲームジャンル:ノベル系ADV

hyouryuu01.jpg

<はじめに>


本作はPC98版だけでなく、WIN版も出ているのですが、
この時期特有のイリュージョン作品の特徴があります。
何かと言うと、98版は静止画に声なしのテキスト進行なのですが、
WIN版は動画にテキストなしの音声進行となります。

私は98版でのプレイになりますし、
やりやすさと言う面でも98版の方が上なのでしょう。
しかし音声や動画の当時におけるインパクトを考えると、
本作に限ってはWIN版の方が楽しめたのではないかと思います。

<感想>


さて、本作の舞台は近未来で内容はサバイバルとなるのですが、
微妙にわけが分からんのがイリュージョンなわけでして。
主人公ら5人はある日、庭でキャンプ中に80年前にタイムスリップします。
hyouryuu02.jpg

で、そこは内戦中なのですが、
80年前でもまだ現在と比べると近未来なわけで、
つまりは架空の内戦なわけですね。
そして、主人公らの目的は無事に皆で元の世界に戻ることになります。

ゲームは2択で進行するのですが、
選択を間違えるといきなり死にます。
これ、誰も死なさずにいきなり戻れた人は、
おそらく皆無なのではないでしょうか。
かまいたちをノーミスだとか言われても微塵も凄いとは思いませんが、
これをノーミスなら素直に凄いと言いたくなります。

まずは肯定的な意見を書きますと、内戦という舞台の中、
常に死との隣りあわせで緊張したプレイを楽しむことができます。
この点に関しては良かったと思います。

逆に否定的な意見を書きますと、あまりに理不尽すぎます。
最初の選択が最後の最後でバッドにつながっていたりしますし、
とにかく死にまくりますからね。
しかもストーリー的なフォローもなく、
ただひたすら生き延びて、
正解の選択肢を選び続けていたら何か戻ってきたってな感じです。

今のイリュージョンも珍妙なゲームを出すことが多々ありますが、
当時はその傾向が更に強かったわけでして。
これなんかもその内の1つといったところでしょうか。
世間一般で言えば、なにこのク○ゲって言われることが多いと思います。
ってか、前にも書いたけど、ライター凄く化けたよな~
巨乳ファンタジーの人なんですよね。
これを含め最初の頃は駄目だったのに、
その後成長してとても良いものを書けるようになったという、
貴重かつ代表的な人かもしれません。

そういうわけで非常に難も多いものの、
緊張感を持ったプレイは楽しめましたし、
総合では凡作ってところでしょうか。
ちょっと練り込めば格段に化けただろうにと思うと、
勿体無い感じもした作品でしたね。

ランク:D(凡作)

Win95 CDソフト 漂流

関連するタグ PC98 /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/665-b859f02f
| ホームへ戻る |