野外露出魂

野外露出魂

『野外露出魂』は2011年にWIN用の同人ゲームとして、
エスエスから発売されました。

ジャンル:マップ移動式ADV 属性:露出

野外露出魂

露出系でRPG?
一体何ぞやということで興味を持ってみたわけだけど、
確かに戦闘とそれに伴う成長もあるので、RPGと言えばRPGですね。

さて、そういうわけで公式ではRPG扱いなのですが、
基本はマップ上を直接移動させるタイプのADVで、
それにオマケ程度に戦闘が加わった感じですので、
ここでは戦闘要素のあるADVとして扱いたいかと思います。

あらすじはこんな感じ。
「今日から、全ての衣装を捨てて、『全裸』で生活する!
そう自分で決めたけれど…
いざ、朝を迎えると、やっぱり恐いよ~ぉ…
私は、自分を抑える為に、自分でも無理難題の課題を課した。
本当に野外露出なんてするつもりなら、
『今後一生全裸でいる事』
『服がないと可哀想だから体を縄で縛る事』
『自分で自分の首輪を購入する事』。
ついに、色々な場所で『野外露出』する事に!!
次第に『野外露出』を行う仲間も増えていき…

<全裸内容>
書店の中、お昼の公園、街中×3箇所、通っている学校、男子の部屋、
お風呂、アパートの前、会社で仕事、ファミレス等でバイト、大学、港、
警察署前、高級レストラン、結婚式場、病院、高原、ナイトクラブなど…

そういうわけで、全裸の主人公がマップを徘徊することになります。
で、裸を人に見てもらったりすることでお金を稼いだり、
仲間を増やしつつレベルを上げていったりするわけです。

まぁ、RPGとして戦う必要性はないのですが、
こういうマップ内を直接移動させるシステムと、
露出ものっていうのは私は相性が良いと思います。
着眼点は面白いなと思いましたね。

ただ、主人公は露出を見て欲しいって感じだし、
周りもそれを楽しんでいるので、
一種の馬鹿ゲーっぽい雰囲気でもあるわけでして。
だから露出ではあるのだけれど、羞恥ではないように思うのです。

ここは個人の好みですので、
こういう路線が好きな人もいるでしょうし、
そういう人なら楽しめるかもしれません。

もっとも私は羞恥の方に重きを置くタイプですので、
ちょっと好みとずれてしまいましたかね。
見られるかもしれない、
もし見られたらどうしようというドキドキ感を有しながら、
ギリギリのラインでキャラを移動させる。
でも、ちょっとは見られたいという願望もあるから、
スレスレの興奮で経験値も上がっていく。
ARPGの半キャラずらしみたいな感じで、
それで興奮を上げていきレベルがあがっていくのであれば、
それならストライクゾーンの真ん中だったように思いますね。

しかし野外露出魂は見て欲しいってだけなので、
ゲームもキャラに突撃していくだけですので、
あまり移動させる意味もないんですよね。
上で露出と直接移動型は相性が良いと書きましたが、
本作に関してはあまり有効に活用できていなかったようにも思います。

ゲーム的には80年代のゲームでももっとましだろとも思いますし、
絵も基本的に立ち絵に背景ですので、
そういう面も含めると、
他人にはオススメですとは言えない類のゲームなのでしょうね。
ただ、ちょっとアレンジして作りこめば面白くなる可能性もあるのであり、
プレイしてああだこうだと言いたくなる作品ではあるので、
何の印象も残らない普通の作品よりは、
ある意味では有意義であったのかもしれませんね。

ランク:D(凡作)

野外露出魂

関連するタグ WIN /ADV /移動式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「その他・雑記」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/664-34f2d743
| ホームへ戻る |