SDガンダム ガチャポン戦士2 カプセル戦記

SDガンダム ガチャポン戦士2 カプセル戦記

『SDガンダム ガチャポン戦士2 カプセル戦記』は、
1989年にファミコン用としてバンダイから発売されました。

ゲームジャンル:戦略SLG+ACT

カプセル戦記

簡単に言えばディスクで発売された『ガチャポン戦士』の、
ファミコン版ってとこでしょうね。
ベースは戦略SLGで戦闘部分がACTという基本的な部分は、
前作と全く変わっていませんし。

前作はね、ゲーム内容は凄く良かったのですよ。
あれはあれで、かなりはまりましたし。

ただ、ディスクシステムでの発売ということもあるのでしょうが、
どうにもロード時間が長くってね。
あれは辛かったなぁ~
遊んでいるんだか待っているんだか分からないようなゲームでしたよ。

そんな感じでロード時間さえなければって思っていたので、
ファミコンでロムカセットになって、
ロードがなくなっただけでも満足できるというものです。

また前作にもう1つ不満があるとするならば、
それはMSの種類になるのでしょう。
確かに1つのゲームのユニット数としては、
前作でも十分な数が用意されていたと思います。
似たような必要性のないユニットを数ばかり用意する意味はないですから。
でも、やっぱりガンダムですからね。
自分の好きなMSは出てこないと、何か物足りなく感じてしまいます。
ここはガンダムだからこそ感じてしまう不満なのでしょう。

その点、本作ではMSの数が増やされました。
つまり前作は範囲はZZまでだったところが、
本作では逆襲のシャアまで含まれるようになったのです。
νガンダムやサザビーが使えるようになり、
個人的に一番好きなクィン・マンサまで追加されました。

もう、これでかなり満足できましたね。
同じ路線でSFC時代にも発売されていますが、
マンネリに感じてそれ程面白く感じられなくなってしまいました。
そう考えると、ゲームとしての完成度や満足度は、
この時点で1つの到達点に達してしまっていたかもしれませんね。
今やって一番面白いのは『SDガンダムGX』あたりかもしれませんが、
ゲームの評価的には、これが最高な気がします。

さて、最後に個人的な思い出といいますと、
アクションが下手な私は、
前作では専らゲルググ部隊に頼っていました。
ビームナギナタは全方向なので当てやすかったですからね。
本作ではゲルググの上位機種みたいな存在としてドライセンがいたので、
今度は専らドライセン頼みでした。
原作ではファンネルのついたMSは大好きなのですが、
ゲームではMSの上下に2つ付いている状態なので、
扱いがとても難しかったです。
私には使いこなせなかったので、
ファンネルを装備したMSをあまり使えなかったのが残念でしたね。

ランク:AA-(名作)

カプセル戦記

関連するタグ ファミコン /SLG /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1989」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/660-aea4257c
| ホームへ戻る |