flutter of birds ~鳥達の羽ばたき~

flutter of birds ~鳥達の羽ばたき~

『flutter of birds ~鳥達の羽ばたき~』は2001年にWIN用として、
シルキーズから発売されました。

ジャンル:ノベル系ADV

flutter of birds

内容的には恋愛物になるのですが、
端的に言えば泣きゲーっていわれる類のゲームで、
ぶっちゃけこの頃流行っていた分野になりますね。

泣きゲーというか感動できるものがプレイしたくてやったわけですが、
ストーリーそのものはわりとよく出来ていたかと思います。
医大生の主人公と診療所を舞台にしたストーリーは現実路線で、
その辺が特色とも言えるでしょう。
現実路線の泣きゲーがプレイしたいならば、
決して損はしないと思います。

ただ、やっぱり2番煎じの域は出ていないのかなと。
とにかく泣きゲーがやりたいのであれば、
本作はオススメできる中の1本には入ると思います。
でも、この頃ってうんざりするほど泣きゲーばっかでしたからね。
本作でもあざといぐらいに狙った姿勢が見受けられますし、
そういうのに食傷気味な人は、絶対に避けた方が良いでしょう。

さて、本作の原画は竹井正樹さんです。
かつてはこの方面では頂点を極めた人でしたが、
『愛姉妹』のWIN版では地獄を見せつけられました。
その時よりは持ち直していると思うのですが…
やっぱり全盛期には遠く及ばない気がしますね。
悪くはないのかもしれませんが、今更惹かれる絵でもありませんでした。

ストーリーが流行の後追いで、原画も全盛期をとっくに過ぎた人なため、
流行の波に必死に乗ろうとあがく虚しさみたいなのが伝わってきて、
違う意味で切なくなってしまいました。

更に追い討ちをかけたのがシステム面で、
当時としてもちょっと時代遅れだったかと思います。
私はあまりこだわらない方ですが、
これはちょっときつい人も出てくるでしょうね。

総合的には凡作ってところでしょうか。
全般的に後追いのイメージが強く、
この作品ならではの要素が欠けていたように思います。
それでも分かっていても楽しめるので良作でも良かったのですが、
システム周りの悪さから1つ下げました。
最優先でプレイすべき類のゲームとは思わないのですが、
泣きゲーに飢えていて、その手のゲームがやりたいのであれば、
プレイしてみる価値はあるのではないでしょうか。

ランク:D(凡作)

flutter of birds

関連するタグ WIN /


月影のシミュラクル   緋のない所に烟は立たない  いつまでも僕だけのママのままでいて
カテゴリ「2001」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/648-0a0a2ffe
| ホームへ戻る |