ここは楽園荘

ここは楽園荘

『ここは楽園荘』は1994年にPC98用として、
FOSTERから発売されました。

この年を代表するおかず系作品の1つとして有名でしたね。

kokoraku01.jpg

<概要>


ゲームジャンルはコマンド選択式ADVになります。

25歳のフリーターの主人公の下に、マンション管理人の仕事の話が。
しかも、そのマンションの住人は全て女性ということで、
即OKしたのだが・・・

<感想>


アパートを舞台にしたお話というと、
どうしても世代的に「めぞん一刻」になってしまうわけで、
つまりは自分が下宿人というイメージなのです。

でも逆のバージョン、つまり自分が管理人で下宿人皆女性の方が、
よりパラダイスに近いと考えられるわけでして。
「ラブひな」はその点で実に上手い設定だったと思うし、
作品が好きか嫌いかはともかくとして、
現実にあったら羨ましいなと思ってしまうこともまた、
人として率直な感想なのでしょう。

もちろんそんな美味しい設定をアダルトゲーム市場が見逃すわけはなく、
ラブひなより先の94年にはゲームが出ていたりします。
それがこの、『ここは楽園荘』なわけですね。
内容としては、アパートは主人公の叔父が有していて、
主人公はそこの臨時の管理人として赴くことになります。

ところでこのゲーム。
一応はコマンド選択式のADVに分類されるのでしょうが、
ストーリーらしきストーリーはありません。
ゲーム性もありません。
あるのはHシーンばかりです。
今風に言えば抜きゲー、
当時の言い方ならおかずウェアってところでしょうか。

あ、因みに私は最近の抜きゲーという表現が好きではありません。
あまりに露骨で何の洒落っ気もなく、親しみをもてないのです。
やっぱり「おかずウェア」ですよね。
この響きが何か無性に好きなのです。

で、一見駄目駄目そうな「ここ楽」ですが、
「おかずウェア」としては優秀だったのです。
おかずであるためには、
中途半端なストーリーやゲーム性は不要ですからね。
肝心なのはグラフィックなのですが、
原画は横田守さんでとても綺麗でしたし。
ゲームとしては駄目ですが、
皆が求めるのはHシーンだけなんだから、そのHシーンだけにしたって言うのも、
コンセプトからすればOKなんでしょうね。
kokoraku02.jpg

そういうわけで楽園荘という名の通り、
男1人に女性だらけというパラダイスが待ち構えているわけですが、
ここでプレイヤーは驚愕の事実を知るわけでして。

というのも、実はここの住人は皆叔父の愛人なのですよ。
ヒロインらは棒姉妹ってことです。
いや~この設定で今発売したら、暴動が起きるかもしれませんね。
楽園荘とはよく言ったもので、
そこは主人公にとっての楽園ではなく叔父にとっての楽園だったわけです。
これにはまいりましたね。

<総合>


総合的には・・・難しいですね。
ストーリーだのゲーム性だので判断する人であれば、
凡作を通り越して間違いなく駄作となるのでしょう。

でも、おかずウェアとしてのコンセプトにのっとり、
実に潔い作りで目的は果たしたわけですからね。
まぁ甘いかもしれませんが、佳作ってことにしておきます。
今やったら楽しくないと思うのでオススメはしませんが、
他人の楽園を見せ付けられるってことも中々ないですからね、
物好きな人には良いかもしれませんね。

ランク:C(佳作)

3.5インチソフトここは楽園荘

Windows95 CDソフト ここは楽園荘

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1994」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/647-befe3501
| ホームへ戻る |