トワイライトホテル

トワイライトホテル

『トワイライトホテル』は1996年にPC98用として、
ZyXから発売されました。

秘湯取材の帰り道で嵐にあい、何とか山奥の洋館に辿り着いた主人公。
そこは美人4姉妹が経営するホテルなのですが、実はそこには秘密があって…

ゲームジャンル:P&C式ADV
Thotel01.jpg

<感想>


ってことで、いわゆる館モノのゲームになりますね。

本作は同時期にWIN版も出ていますし、
後にはリメイク版も出ているのですが、
こういう寂れた洋館みたいなのは16色表示の方が映えるように思うわけで、
細かい描きこみも含めて雰囲気は良く出ていたように思います。

ただ96年にもなると、館モノとしてはかなり後発になりますし、
何か目新しいものがないと今更感の方が強まってしまいます。

そこで本作の特徴として意図されたものがシステムなのでしょう。
本作はポイント&クリック式のADVなのですが、
このシステムの作品自体少ないのに加え、
更に館モノと限定するとより一層限られてきます。
なのできちんと作りこんでいれば、
これはこれで個性としてありだったのかもしれません。

問題はその作りこみなんですね。
P&C式と言っても、アダルトゲームの場合は画面クリックに終始してしまい、
アイテムやインベントリーの使用まで要するものは稀です。
本作はアイテム使用もありますので、
構造的にはかなり洋ゲーよりだったりします。
つまり同じようなシステムのアダルトゲームはかなり少ないのですが、
逆に洋ゲーにはよく見かけるシステムなんですね。
そして残念なことに洋ゲーの名作と比べると、
ADVとしての作りはかなり甘いように感じました。
具体的には、クリック時の反応の少なさや、
反応するホットポインントの狭さ、
それにアイテム使用の関連性の薄さなどですね。

結果的に面白さよりだるさの方が際立ってしまったわけで、
人によっては結構苦痛に感じたのではないでしょうか。
ストーリーも雰囲気こそ良かったものの、
イマイチよく分からない感じで、
システムと相俟ってあまりはまりきれなかった感じでした。

館モノもP&C式も好きなので、
スペック的には私の好みのものが揃っていただけに、
ちょっと残念な作品でしたね。

ランク:C(佳作)

トワイライトホテル

関連するタグ PC98 /ADV /P&C式 /


Making*Lovers       アオイトリ   夜巡る、ボクらの迷子教室
カテゴリ「1996」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/636-b09df9f6
| ホームへ戻る |