ミステリーハウス

ミステリーハウス

『ミステリーハウス』は1982年にマイクロキャビンから発売されました。

初のグラフィックアドベンチャーとして名高い本作ですが、
恥ずかしながら2種類あることを長い間知りませんでした。

ゲームジャンル:コマンド入力式ADV

myhouse.jpg

ずっと知らなかったのですが、
80年にシエラオンラインから出たのが、
世界初のグラフィックアドベンチャーで、
それの移植版はスタークラフトから83年に発売されています。

もっとも、82年にはマイクロキャビンからも同名のゲームが出ていて、
それが一応国産初のグラフィックADVとなります。

館に潜入して目的物を探し出して脱出するという根幹の設定など、
このマイクロキャビン版はシエラ版と似ているそうですし、
誤解を覚悟で悪い言い方をすれば、
名前と内容をパクったって感じなんでしょうか。

ただ、何れにしろ国内ではマイクロキャビン版が先ですし、
私がプレイしたのもマイクロキャビン版でした。
国内で知名度があったのも、たぶんマイクロキャビン版でしょう。

そういうわけでどちらを元祖とするかは荒れそうですが、
一応国内で遊べる最初の作品ってことで、
ここではマイクロキャビン版を名作としてあげておきます。
もちろん反論は大いにありえるでしょうけどね。

さて、上述のようにミステリーハウスは世界初の、
そして国内でも初のグラフィックアドベンチャーです。
グラフィックアドベンチャーは従来のADVに絵がついたもので、
グラフィックとテキストから成り立つという、
今では標準となっている形式ですね。
それ以前のADVは画面全体にテキストが表示され、
グラフィックがありませんでした。
そこで便宜上、そういう従来のテキストだけのADVを、
テキストアドベンチャーと呼ぶようになったのです。

細かいことは私も知りませんが、
どうもグラフィックアドベンチャー登場時には、
これはADVなのかという議論もあったようで、
いつの時代もその手の話題はつきないみたいですね。
今の感覚なら当然ADVだろって思ってしまうのですが、
ADVは文字だけからなる世界と定義付けしていれば、
文字でなく絵で表現するゲームはADVではないだろってなりますし、
その理屈もよくわかります。

まぁ、あんまり実益があるとも思えないので、
私なんかはノベルもMYST系も広い意味では全部ADVに含めてますけどね。
でもノベル系とMYST系って相容れない部分も多くて、
ユーザー層もかなり違っていると思うので、
それぞれのファンにADVとは何ぞやって討論させたら、
どこまでも平行線を漂うのではないかなと思ったり。

ノベルしか知らない層からは、『遺作』とか画面クリック主体のゲームに対し、
これはSLGだと言い出す人もいましたしね。
逆に古いADVファンとかだと、ノベルをADVに含めるなって人も多いですし。
やっぱりユーザー間にかなり隔たりがありそうですよね。

ついでに、あまりに古いので、
字面だけだと判断し辛い人も出始めているのかなと思いますが。
テキストアドベンチャーは文字だけで構成されるゲームで、
画面全体にテキストが表示されるゲームですって書くと、
ノベルと同じなの?って思う人ももしかしたらいるのかなと。

でも両者は全然違うわけでして。
テキストアドベンチャーは「みる まど」とか「ドア アケル」って感じで、
プレイヤーがキーボードから直接文章を打ち込むのです。
その打ち込んだ内容に応じて、ゲーム側が返答をしてきます。
その返答を前提に、プレイヤーはまた次の行動を書き込むわけですね。
つまりプレイヤーの行動様式から判断すれば、
まずコマンド入力式ADVがあるわけです。
その中で画面の表示方法がテキストだけなのが、
テキストアドベンチャーとなるのです。
ノベルは絵がある故に紙芝居と揶揄されることもありますが、
基本は読み進めるものですよね。
ノベル系とゾークとかのテキストアドベンチャーは、
ゲームの構造が全然違うのですよ。
まぁ、読みと書きを混同する人はいないと思うので、
両者を一緒にする人はいないと思いますけどね。

むしろ逆の場合が多いのかも。
つまり、ノベルとは画面全体に文字が表示されてって定義しだす人がいますが、
そういう見た目から定義を始めてしまうと、
それこそテキストアドベンチャーや、
コマンド選択式でも全画面に表示されるタイプがありますので、
そのような定義だとこれらも全部含んでしまうってなってしまうのです。

何だか関係ない話がかなり含まれてしまいましたが、
とりあえず思い入れのある人はともかく、
そうでない人は今更やっても楽しめないでしょうが、
歴史を変えた1作ということで、
少なくとも名前だけは知っておくべき作品なのは間違いないでしょうね。

ランク:A-(名作)

関連するタグ 


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1982年発売」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

| ホームへ戻る |