新撰組 ~幕末幻視行~

新撰組 ~幕末幻視行~

『新撰組 ~幕末幻視行~』は1991年にPC98用として、
ウルフチームから発売されました。
確か、TAKERUでの発売だったように思います。

沖田総司が女だったら…って感じで進む作品でした。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV
属性:幕末
sinsengumiwolf01.jpg

古いのでまず簡単なストーリーの説明から入りますと、
修学旅行で京都に来ていた女子高生の沖田操は、
突然幕末にタイムスリップしてしまいます。
そこには病気で床に伏した本物の沖田総司がいるのですが、
操に後を託して息絶えてしまいます。
操は総司に似ていることから、
総司の身代わりとして本人になりすまし、行動をとることになるのです。

ゲーム的には普通のコマンド選択式のADVになりますね。
なので、基本的にはストーリーやキャラを楽しむ類のゲームになります。
sinsengumiwolf02.jpg

問題は、その設定にあるわけでして。
沖田総司が女だった(本当は偽者なんですけどね)というのは、
設定としては面白い試みだと思います。
これが80年代だったら、もう少し素直に楽しめたのかもしれません。

ただ、当時を知っている人ならすぐに思い浮かぶと思うのですが、
映画で『幕末純情伝』があった年ですよね。
私は映画自体は見ていないのですが、原作の方は読みました。
この『幕末純情伝』が沖田総司は女だったという設定が主だったので、
どうしても被って見えてしまうわけで、
それ故に素直に楽しめない面があるのです。

まぁ中身は異なりますし、操ちゃんは可愛かったですし、
表情も画面上で良く変わりますので、
見ているだけでも結構楽しかったんですけどね。
ウルフチームのADVというのも数は限られていますし。

だからこそ余計に、変な勘繰りなどする必要がないような、
純粋に楽しめるオリジナル作で作って欲しかったなとも思うわけでして。
総合的には良作としておきますが、
いろんな意味で勿体無い作品でもありましたね。

ランク:B-(良作)

中古PC-9801 3.5インチソフト新撰組 幕末幻視行 (TAKERU用ソフト)

関連するタグ PC98 /ADV /コマンド選択式 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  蒼の彼方のフォーリズム EXTRA1
カテゴリ「1991」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/626-7185838c
| ホームへ戻る |