闘人魔境伝 ヘラクレスの栄光

闘人魔境伝 ヘラクレスの栄光

『闘人魔境伝 ヘラクレスの栄光』は、
1987年にファミコン用としてデータイーストから発売されました。

初代ドラクエが86年で、まだファミコン用のRPGは少ない時期でしたね。
そういうこともあって、結構売れたみたいです。

ゲームジャンル:RPG
ヘラクレスの栄光

私は発売時にはプレイしていなくて、何年かたってからのプレイでした。
というのも、友達からクリアできないクソゲーがあるって言われまして。
クリアしたら奢ってくれるというので、
それでプレイするに至ったのです。

その友人が詰まった理由は序盤にありました。
最初の中ボスが異常に強かったんです。
しかも、そのボスの先に行かないと中断も出来ないわけでして。

結局はかなりレベルを上げて乗り切ったわけですが、
誰しもが時間があるわけではないですからね。
序盤から長時間プレイ必須なゲームって何なの?って思ったわけです。

まぁ、今にしてみればそれも誤解だったんですけどね。
中ボスから逃げれば先に進めるみたいですし。
(それはそれでどうかとは思うけど…)

基本は平凡なゲームですが、特徴は2点ほどあるでしょうか。
1つは街とマップが繋がっていて、通常のRPGのように切り替わらないこと。
もう1つは、世界が四角いことです。
四角い世界には驚きましたね。
端に行ったら、枠で囲まれているんですもん。
今のRPGだったら、絶対にありえないでしょう。

戦闘も1人で行うタイプでシンプルでしたし、
出来としてはイマイチってところでしょうか。
まだFCのRPGの数が少なかったのでそれなりに意味はあったかもですが、
PCのRPGよりは格段に劣る印象でしたね。
後に3の評判が良くて有名になったシリーズですが、
初代は物足りなさばかりが目立った作品ように思います。
まぁ個人的には奢ってもらえたので良かったんですけどね。

ランク:D(凡作)

ヘラクレスの栄光

関連するタグ ファミコン /RPG /


缶詰少女ノ終末世界        母爛漫      クダンノフォークロア
カテゴリ「1987」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

なんか武器とか防具に耐久力があって戦っているとぶっ壊れるゲームだったような…
鍛冶屋を早期に雇わないと
一応ヘラクレスの試練をモチーフにしたイベントで構成されたゲームだったと記憶している。
ぐぐってみたらなんか続編が出まくっていて驚いた。

>鍛冶屋
もう忘れかけていましたが、そういえばそうでしたね。
>続編
4までは知っていましたが、今はDSでも新作が出ているみたいですね。
でも、どうもDSでRPGをする気になれなくて。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/625-b2843ed9
| ホームへ戻る |