アンジェラス

アンジェラス

『アンジェラス』は1988年にPC88用として、
エニックスから発売されました。

80年代のADVというのは、ある意味エニックスの歴史でもありました。
って感じでエニックスのADVのどれにも同じようなことを書いてますが、
つまりエニックスのADVを買っとけばハズレはなかったのですよ。
本作はその中の1本だったわけですね。

ゲームジャンル:コマンド選択式ADV
angerus01.jpg

かなりの確率で名作に感じてしまうくらい別格の存在だったENIXですが、
そのENIXのADVも常に同じ路線というわけではなく、
幾つかの転換点があります。
その1つが87年の『ジーザス』による、
ゲーム性重視からアニメーション等をふんだんに用いた、
演出重視への転換と言えるのでしょう。

本作はその『ジーザス』にあとに発売された作品で、
これまた演出重視のコマンド選択式のADVでした。
内容的にはペルーと日本を舞台にしたオカルト物で、
ジーザス以上のアニメーションが用いられることにより、
とても効果的に物語を表現した作品でした。
OPなんかも秀逸でしたし、音楽がとても良かったんですよね。
私の周りでも評判は良かったように思います。

確かに品質はトップクラスで、良く出来ているんですよね。
絵や音やその融合としての総合力で考えるならば、
かなり高く評価されうる作品でしょう。
実際に名作と呼ぶ人も多いですし。

でも本作に限っては、私はどうにも少しひっかかるものがありました。
1つ目は、本作はあくまでジーザス路線を歩んだ作品であり、
本作によってADVの何かが変わったみたいな、
他のENIXのADVにあるインパクトや新しさはなかったことです。
まぁ、それはプラス分がなかったというだけなので、
決してマイナスになるわけではないのですけれど。

2つ目は、ストーリーが続編に含みを持たせたような、
やや中途半端な終わり方を迎えたことです。
当時のADVのストーリーは今と比べると大分短いものでした。
まぁ、長ければ良いものっていうわけでもないですしね、
短くてもしっかり纏まっていれば、それは優れた作品なんだと思います。
逆に続編につながる途中で終わる作品であっても、
ボリュームが多ければそれはそれで満足も出来るでしょう。
しかしボリュームもない上に中途半端となると、
どうしても心からは満足できないですよ。
そしてそういうストーリーを如何にアニメで盛り上げようとも、
その楽しさも限られてしまうのです。

結局、単体では高水準のゲームではあったのですが、
他にもっと優れたエニックスのADVはあるわけで、
優先度の低い作品と感じたことから良作にとどめておきたいと思います。

ランク:B-(良作)

PC-8801SRソフト アンジェラス?悪魔の福音?

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド選択式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1988」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

管理人さんも短いと感じてたんですね、私なんか クリア後 マルチエンドか?と いろいろ試した様な記憶が、、。
古い記憶で あんまり思い出せませんが ラストのダムのシーン?と アニメーションが思い浮かびます。
女性のプロデューサさんが 好きな映画に影響されて作ったとか、カットバック演出とか、映画みたいなクレジットとか、いろいろ思い出しました。
当時 エニックスのADVが大好きだったのと、ダーティーペアが好きだったので 土器手さんの絵もお気に入りでしたので 発売前から期待度の高い作品でしたね。

アンジェラスは、映画みたいなゲームでしたね。
プレイ時間そのものは他にも短いゲームがあったわけですから、本当は意識すべきことでもないのかもしれないんですけどね。
ジーザスとかは最後にどーんと盛り上がって終わった印象があったので、この終わりきってないような感覚が短さという感覚につながってしまったのかも。
そういや、アンジェラスは土器手さんでしたね。
ダーティーペアの魅力に気付いたのがかなり後だったので、頭の中で一致するのが遅れてしまい、失念していました。土器手さんの絵が最初から好きだったら、もっと楽しめたのでしょうね。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/622-95b08a37
| ホームへ戻る |