神語 ~かんがたり~

神語 ~かんがたり~

『神語 ~かんがたり~』は2000年にWIN用として、
Euphony Productionから発売されました。

鬼畜系の代表作として、一時はプレミアもついた作品でしたね。

kangatari01.jpg

<感想>


ゲームジャンルはノベル系ADVになります。

まずおおまかな流れとしては伝奇ものになるのでしょうが、
伝奇物としては普通に楽しめるってところだったと思います。
日本神話をモチーフにした物語は個人的に好みというのもありますが、
それを抜きにしても十分に楽しめる内容でした。
とは言うものの、じゃあ名作と言えるほど光るものがあるかというと、
そうでもないわけでして。
だから普通に楽しめるってのが、率直なところなんですね。

もっともこの作品が話題になったのは、
この伝奇部分が優れていたからではありません。
このゲームを作ったメンバーは、
後に鬼畜ゲームの代表的ブランドとなった、
「たっちー」のメンバーなんですよね。
たっちーブランドの処女作『最後に奏でる狂想曲』で有名になったので、
その前の作品である本作は発売当初はマイナーな作品でした。

でも作るメンバーが一緒なので、当然面影のようなものもありまして。
と言うのも、本作にはバッドな展開があるのですが、
これがかなり鬼畜だったのです。
あまり言うとネタバレになっちゃうので避けますが、
ヒロインの瞳から輝きが失われてしまう・・・
と言えば何となく分かりますよね。
そういうシーンもあったことにより、
瞬間的なインパクトでは当時最高クラスだったのです。

こういうのって絶対数が少ないので、
それだけでも一部では喜ばれるでしょう。
属性がある人なら、この部分だけで元が取れますからね。
しかし本作がそれだけに留まらないのは、最初にも書いたように、
伝奇ものとしても普通に楽しめるってところが大きいのです。

『最後に奏でる狂想曲』をはじめとするたっちー系の作品は、
そのほとんどが鬼畜な内容を有しています。
特に絶叫系としては随一のブランドですしね。
だから虐待と絶叫だけを求めるならば、
たっちー系の作品をプレイすれば満足できてしまいます。

しかしながら、それらの後のゲームは、
実はストーリーとかゲーム全体ではあまり良い出来ではなかったのです。
絶叫も欲しいけどストーリーもしっかりしていて欲しいとか、
いろんな要素を求めだすと後のたっちー系は物足りない場合が多いんですね。
これは何もたっちー系に限らないわけで、
他所でも鬼畜・陵辱路線のゲームを作るところはありましたが、
鬼畜・陵辱部分が優れているゲームでストーリー自体も楽しめるゲームって、
かなり少ないのですよ。

そうなってくると鬼畜要素もしっかり楽しめるもので、
なおかつストーリーも普通以上にに楽しめる作品というのは、
本当に貴重な存在となってきます。
この貴重という部分は、従前と比べた場合よりも、
むしろ後へと効いてきます。
上で陵辱も楽しめつつストーリーも楽しめる作品は少ないと書きましたが、
少ないだけで昔は皆無でもありませんでした。
昔は大手でも、普通に陵辱やエグイ要素を盛り込んでいましたから。
しかしゼロ年代に入る頃には状況が変わってきます。
いわゆるストーリー重視と呼ばれる作品の多くは、
アダルト性を感じさせる要素をことごとく削るようになりました。
他方で陵辱系のゲームはただ犯るだけになり、
ストーリー性やキャラの描写が削がれるようになりました。
私はこの『神語』が、それほどずば抜けた作品とまでは思っていません。
しかし神語レベルで構わないと思いながら新作を探しても、
中々このレベルでストーリーも鬼畜分も両立させた作品はないのです。

私は常々、ノベルゲーの内容面における多様性も、
2000年に比べそれ以後は減少していっていると書いています。
その最たる理由はここら辺にあるわけで、
鬼畜・陵辱部分もストーリーも楽しめるノベルゲーが、
ゼロ年代前半に一体どれだけあったのかということです。
恋愛と鬼畜の両方がしっかりしていると、
そのギャップを楽しむこともできます。
そういう作品も次第に減っていきますしね。
本作とは直接関係ないですが、
オッサンが主人公のノンフィクション系のミステリーなんかも、
今では存在しません。
ゼロ年代に入っていろんなストーリーが出てきたとの見解もありますが、
それって恋愛ゲーの中でとかループゲーの中でとか、
流行路線の中の狭い限られた範囲内でのバリエーションが増えただけでしょ。
一言で言えばラノベ方向に収束していったとなりますし。
そうでない、もっと広い視点での多様性は減ったとしか思えないわけで、
増えたとの見解にはどうしても賛同できないのです。
増えたんなら私の中の渇きなどないはずで、
飽きる以前にそもそも作品がないのですよ。

見方を変えれば、
本作はゼロ年代以降失われていったジャンルの作品なわけです。
今はダウンロード版もあり安価で入手できるようになったものの、
本作にはそれまでの間プレミアが付いていていました。
プレミアなんてのは大抵流通量が少ないからでもあるのですが、
高いお金を出してまでも本作を購入しようとする人がいたのは、
そういう理由もあったからだと言えるでしょう。

これは名作扱いでも良いとは思うんですけどね。
2000年はノベル系のゲームが一気に増えて、名作も非常に多い年でした。
それで相対的に押し出されて私の評価としては良作扱いになっています。
でも、1年早ければ間違いなく名作扱いでしたし、
限りなく名作に近い作品ではあると思います。
或いは後に変更するかもしれません。

個人的な感想はそんなところですが、
いずれにしろストーリーと鬼畜を両立させたこの頃の代表作として、
十分に意義はあったように思いますね。

ランク:B(良作)

AMAZON
神語

ダウンロード版
神語

関連するタグ WIN /ADV /ノベル系 /


面影レイルバック   美少女万華鏡 -罪と罰の少女-  鬼と花妻
カテゴリ「2000」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

BADEND後の主人公の狂乱ぶりが伝説となったゲームだった
他にもいじめた奴が名乗り出ないならクラス全員殴ると暴れ出したり
なるほど類似作品が思いつかない印象深い作品だったな

こういう路線のゲームは好きなのですが、あまり出てきませんね。
個人的にはとても残念です。

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/619-690ec004
| ホームへ戻る |