アゲイン

アゲイン

『アゲイン』は1984年にPC用として、
ENIXから発売されました。

「第3回ゲーム・ホビープログラムコンテスト」の
入選プログラム賞受賞作ということらしいです。

again01s.jpg

ジャンルは一応というか、ベースはADVになります。
ADVとしてもコマンド入力式と選択式がちゃんぽんになった作りでしたが、
それ以外にも途中でミニゲームとしてRPGがあったり手術SLGがあったり、
時にはパズルがあったりして、
終始プレイヤーを飽きさせないような作りとなっていました。

こういう状況に応じて必要と思われる要素が含まれるのは、
個人的には高く評価したいですね。

ストーリーは天国の一市民が聖霊になるために、
7つの人生に挑むというものです。
一つ一つは短いとはいうものの、
全く毛色の異なる7つの物語を楽しむことが出来ました。

これはオムニバスの先駆けと考えることも出来るでしょうが、
1つ1つでEDがありつつ最終的には繋がっていますからね。
今風の感覚で言えば、
ループ物のマルチストーリーマルチエンドADVに近いものがあるかもですね。

本作の知名度はかなり低いかと思いますし、
同じ年に同じエニックスから出た『オホーツクに消ゆ』とかと比べると、
どうしても小粒感は否めないかもしれません。

しかし、ゲームの構成は凝っているし、
ストーリーの構成も凝っていました。
今の観点から見ても似たような作品は少なく、
非常に個性的な作りで凄く良く練られた作品だったと思います。

単一の形式に囚われるのではなく、
語りたいことのために最善の手段を講じていく。
こういうゲームって、
もっと評価されても良いんじゃないかなって思うんですよね。
個々の要素では粗い点もあるけれど、私は好きな1本でしたね。

ランク:A(名作)

関連するタグ PC88 /ADV /コマンド入力式 /


  面影レイルバック      ヤミと祝祭のサンクチュアリ   それでも妻を愛してる2
カテゴリ「1984」内の前後の記事





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック http://advgamer.blog.fc2.com/tb.php/61-dda42462
| ホームへ戻る |